記事一覧

第55回北九州記念 イルーシヴな暗号構成

第55回北九州記念

イルーシヴな暗号構成

◉第55回です。18頭立ての55番目は1番なので、1番が起点A,裏の18番が起点Bとなります。

過去10年で3連単100万馬券が2度出ている短距離重賞”27文字なので、27番に当たる9番が起点X,裏の10番が起点Yとなります。

 

◆起点Aは1番。オンザロックス:リノの組み合わせです。その同じ組み合わせが17番にあります。起点は移動しますが、お仲間は見当たりません。ここはスライドして15番に行きます。

上のように2頭分右へスライドして15番に到達しました。

イルーシヴは《わかりにくい》という意味ですから、すんなりと答えは出ないと考えていいでしょう。

それでは、とりあえず15番が指し示す場所を探してみます。

 

メイショウキョウジ(藤岡健一)が15番の柱のエレメンツを全て引き受けています。

もうひとつは

これは15番の双子のような柱です。

どちらとも決めかねるので、間にサンドされた12番から答えを探します。グアンに【愛のエニグマ】発動のキーである《アン》があるので、それにも注意を払います。

【ボイーン(母音引)の原則】により、マイ:メイ:ミーは同じものということができます。

 

◉12番が指し示す最終解答は9番で、裏の10番モズスーパーフレアが2着でした。

それにしても、イルーシヴな暗号構成・ちょいとやりすぎではありませんか?と私は思うのですが。

 

◆起点Bは18番。マリオ:アメリカンウェイクの組み合わせです。同じ組み合わせは2番にありますが、親戚のような柱が隣の3番です。

3番が指し示す最終解答は、11番でしょう。

◉Bの最終解答は11番アウイルアウェイか8番ラブカンプーです。アウイルアウェイが3着に入線しました。

 

◆起点Xは9番。レンブランサ:ノブフランクリンの組み合わせですが、《フラン》が重なっていますね。

お仲間は6番。5番がホールドされてラスボスとなります。ブルーメンクローネに【愛のエニグマ】発動のきーとなる《ロー》があります。

◉【愛の傘】は15番を中心に開いています。15番の裏である4番レッドアンシェルが優勝しました。

 

◆起点Yは10番。スマートセラヴィー:シルバースミスの組み合わせです。セラヴィーに【カツ語群】の《ヴィ》があります。

お仲間はすぐ隣の11番で、オーパスメーカーがエレメンツ独占状態のジャイアンです。友達はグアン⇒アイアムレジェンドと滑り、13番がラスボスとなります。アイアムレジェンドに【愛のエニグマ】発動のキーであるアイ・アムがあります。

13番を材料にした【愛の傘】は10番を中心にして開いています。

◉Yの答えは10番モズスーパーフレアか9番ダイメイプリンセスです。モズスーパーフレアが2着でした。

 

3連複4-10-11は16,570円

3連単4⇒10⇒11は93,990円 という結果となりました。

 

最後に何度か説明している2Rとの関係について。私はこれに【2-11ボンバー】と命名しました。

まずは、札幌記念の場合

札幌記念の2番と裏の11番はペルシアンナイトとアドマイヤジャスタで、『シア:ジャ』と響きあっています。そして2Rの11番にはサンデスバレー。ペルシアンサンはタスキ状に繋がっています。ペルシアンナイトまたはアドマイヤジャスタが馬券になるのは決められていたと考えていいでしょう。

 

そして次は北九州記念の場合

4番と裏の15番にはレッドアンシェル:アンヴァルとアンつながりがあり、しかも2Rの15番(2番)もまたアンジュマリッシュです。

ここもまた、レッドアンシェルかアンヴァルが馬券になるのはあらかじめ決められていたと考えていいでしょう。

ただし、私がひそかに期待していた『どちらか一頭をピンポイントで教えてくれる』機能は存在しないようです。ここもまた、【表か裏か】であって、JRAはそこまで親切ではないというべきかもしれません。

第56回小倉記念 【移動禁止】の暗号を発見?

第56回小倉記念

移動禁止!の暗号を発見?

◎第56回です。14頭立ての56番目とは14番ですから、起点Aは14番。裏の1番が起点Bになります。

軽ハンデ馬の台頭もあるサマー2000シリーズ第3戦”25文字ですから、25番目にあたる11番が起点X,裏の4番が起点Yです。

今回はいつもと順番を替えて、起点Bから解読スタートです。

◆起点Bは1番。イノセントミューズ:エイシンアメンラーの組み合わせですが、イノセントに『セン』という【イー・マル語群】に属するワードがあります。【イー・マル語群】+エイシンアメンラー(武豊)の組み合わせを探しましょう。

8番にマルシュロレーヌ(武豊)がいます。ということはアナザーラブソングが仲間外れ状態であるということ。そして、その両隣にはサンキュー(サンクー=ソウクー=ソンクー)及びテイエムクロムシャ(テイエンクロムシャ)という友達が配置されています。

より友達度が高いのはサンキューでしょう。さらにその右側にはサンキューの友達サウンドバーニングがいます。そのさらに右側5番にはクロスのお仲間がいるので、ここまで滑ります。

5番にはスライドもホールドもワープの要素もありません。5番がラスボスで、最終解答を教えてくれます。

◉11番サトノルークスの裏、4番アウトライアーズが馬券(3着)になりました。

 

◆次はXとYを攻めてみましょう。

起点Xは、マイネルウィルトスに【カツ語群】である《ウィ》があるので、【カツ語群】+モズレジーナのお仲間を探しますと、4番にアドマイヤビーナスがいて、起点のエレメンツを独占しています。

○アドマイヤビーナスがジャイアンで、ジャコマルが仲間外れのスネオという構図です。

ジャイアンであるアドマイヤビーナスの右隣りにオスカールビー:セヴィルロアーの組み合わせがあり、アドマイヤビーナスの友達です。さらにその隣り2番にはマイネルウィルトスがいます。

※さて、2番の《ミスディレクション》ですが、馬名意味は『観客の視線や注意を逸らすトランプマジックの技法』とあり、ミスは女性を指すワードではないことが分かります。従ってスライドは起こりません。よく見ると14番ランブリングアレーはラウフ⇒ルーフと読み替えることによりタガノエルフとの間でホールド関係が成立し、1番がラスボスか?と思わせます。

実は起点Yも同じ場所に到達します。ジャコマル(鮫島克駿)とアドマイヤビーナスの組み合わせは2番とクロス状態の一致だからです。

それならば、指し示す最終解答は14番ランブリングアレー(武豊)でしょう。ノーブル⇒ノウブル⇒ノンブルという読み替えが成立するからです。(フ=ユ=ム=ウ=ンの原則)

■しかし、結果は人気のランブリングアレーもその裏のノーブルマーズも馬券圏外でした。

どうしたことでしょう?

★実は《ミスディレクション》が未発見(私にとって)の暗号を発していたのです。

ミスは否定,ディレクションは方向・方角・動きなので、ミスディレクションが発しているメッセージは『ここから動いてはダメ!答えを出しているのはここだよ』だったのです。

◉では、ミスディレクションの2番が指し示していた相手とは?

◉ショウナンバルディの裏 3番のアールスターが人気薄ながら1着でした。

 

◆起点Aは14番。レオコックブルーとキタサンヴィクターの組み合わせですが、キタサンヴィクターに【カツ語群】があります。【カツ語群】+レオコックブルーのお仲間を探しましょう。

9番にそのお仲間がいます。テイエムクロムシャです。クロムシャ(黒武者)はソルジャー系の【カツ語群】でレオコックブルーのエレメンツも持っています。

レオコック⇒レオコウク⇒レオコムクと変形させてみると、テイエムクロムシャとつながります。

◎テイエムクロムシャは起点2頭のエレメンツを独占しているので、いわばジャイアンで仲間外れのスネオがカセドラルベルという構図です。ここはジャイアンであるテイエムの友達が両サイドに控えています。8番のアナザーラブソング(ソムグ)と10番のアシャカリブラで、サンドイッチ状態なので、どちらにも滑りません。

9番タニノフランケル:カセドラルベル:テイエムクロムシャ。スライドの要素はありません。

テイエムクロムシャが11番のトップ・サトノルークス=ルウクス=ルムクスとの間で10番レイホーロマンスをホールドしています。10番がラスボスとなりました。

と、言いたいところですが、実はタニノフランケルの『タニ=谷』がホールドを阻んでいるのです。

谷は窪地であり、窪地に落ち込んだ石は右にも左にも動けないのです。

■9番がラスボスです。さて、9番が指し示す最終解答は?

テイエムクロムシャをよく見てみますと、2種類のエニグマ発動のキーワードを持っています。

ロムはロウ(ロン)で、【愛のエニグマ】を発動させます。頭のテイと末尾のヤ(ア)をつなげるとティア(ディア)となり、これはKHエニグマ発動のキーです。

私はかつて【愛】>【KH】という優先順位であると述べた記憶がありますが、必ずしもそうではないようです。第一、9番のエレメンツを使った【愛の傘】は見つけ出せません。

9番を起点とした【KHエニグマ】なら、それは10番に成立します。

ご覧のように、テイエムクロムシャとサトノルークスが10番をハグし、タニノフランケルがアシャカリブラとキスをしているという構図です。

◉Aの解読結果は10番レイホーロマンスか裏の5番サトノガーネットということになります。サトノガーネットが2着でした。

■ただし、「タニノ」に隠された暗号に気付かなければ、ラスボスはレイホーロマンスの10番となり、10番が指し示す馬券候補は8番サマーセントということになってしまいます。サマーセントが人気の一角を占めていただけに、どうしてもこちらに引っ張られてしまうのは避けがたいことです。

 

まとめますと

Aの答えは10番レイホーロマンスか5番サトノガーネット。5番が2着

Bの答えは11番サトノルークスか4番アウトライアーズ。4番が3着

XとYの答えは12番ショウナンバルディか3番アールスター。3番が1着

 

結果的に3連複で25万馬券,3連単では137万馬券になったこのレース、当然私も解読に失敗しました。

◉ミスディレクションにせよタニノにせよ、まったく想定外の暗号であり、今回縷々述べてきた事柄は、後知恵の解説であったことを正直に告白しておきます。

【移動禁止】の暗号はまだまだあると思われます。

トップに『タニノ』『バレイ』あるいは『ステイ』などが出現した場合、充分注意したいと思います。

第12回レパードステークス ラパンセソバージュが教えてくれる?

第12回レパードステークス

ラパンセソバージュが教えてくれる2着馬

 

◆起点Aは12番。ディアシューター:ノルカソルカの組み合わせですが、10Rと12Rの下位チャート上にお仲間は見当たりません。視点を全体に向けると、9番の柱が12番と親戚であることが分かります。

起点の移動です。

◇さて、9番のターキッシュパレス:とラバンセソバージュに『ッシュ』『-ジュ』という重なりが発見できます。『ッシュ』『-ジュ』をまず探しましょう。6番のマイネルホイッスルがそれです。

『ッシュ』『-ジュ』は『ッス』『―ス』と変形が可能で、しかも同じ9文字馬名だからです。

◎すると、フォーラウェイが仲間はずれになってしまいます。そして、仲間外れの友達がすぐそばに控えています。5番のメイショウカミシマはメイシオウと読み替えることによってフォーラウエイと響きあいます。7番のシーリアスラブは【ボイーン(母音引)の原則】により、シーラスと変形します。さらにラウ=ラブの一致もあり、5番よりは7番のほうが友達度が高いと言えます。

そして、⑦シーリアスラブ⇒⑧シーオブザムーンと滑ります。

そのシーオブザムーンが10番のトップ:ライトウォーリアとの間で9番をホールドしています。

◎9番がラスボスです。9番が指し示す最終解答は?3か所が考えられます。

◇3組の解答があることは受け入れられません。

◉ラパンセソバージュ(ラパンセは思考・ソバージュは野生)が《ちょっと頭をひねってみよう》と呼び掛けているようです。ラパンセの相方であるターキッシュパレス(トルコの宮殿)にもヒントがあります。

■宮殿には王がいます。7番ミヤ(宮)ジコクオウ(国王)が馬券(2着)になりました。

◉Aの答えは7番か9番です。

 

◆起点Bは4番。ハギノカエラ:プリモプレミオの組み合わせですが、プリモプレミオは《一等賞》という意味なので、名前全体が【カツ語群】であると考えられます。ならば、そのお仲間はクロスの状態で11番に存在します。

カエラとガーベラが響きあうのはお判りでしょう?日本語では《ヘ》と書いて《エ》と読む場合がありますよね?例えば《競馬場行く》というような場合です。

 

◎さて11番には《イン》が満ちています。フレイム(イン)ウイングス::ウイングセクション:そしてクリーンガーベラも《クリイン》と読み替えができるのです。

※ウイン:ウイン:ガーという【カツ語群】も充満していますが、とりあえずここは置いときましょう。

 

◎《インを探せ》という命題です。《イン》は2か所にあります。

3番タイガーインディと6番ラインベックですが、ここは3番タイガーインディを採ります。クリーンガーベラの「ガー」も持っているからです。

すると、タイガーインディから裏の13番ニュートンテソーロにワープします。《ンテ》が共鳴しているからです。

◎ワープして【スーパーボス】になった13番にはアミークス(友人)という【アル・エニグマ】の発動を促すキーがあります。一見答えと思えそうな場所の隣(もしくは裏)に本当の答えがあるよ、というものです。その本当の答えの馬名には《アミークス》のエレメンツがなければなりません。

◉Bの答えは2番ブランクチェックか14番フリーフローで、ブランクチェックが3着に入線しました。

 

◆起点Xは5番。メイショウカミシマ:ルクルトの組み合わせです。そのお仲間は、またまた11番で、クロス状態でないのが嫌ですが、さらなるお仲間はいません。

となれば、その後の展開はBと同じで、最終解答も同じ。2番か14番ということになります。

 

◆起点Yはその11番。ウイングセクション:クリーンガーベラで、二つながら【カツ語群】を含んでいますが、お仲間はクロスの状態で4番にいます。

○さて、4番の柱を分析してみましょう。デュードヴァンとは《酒の神さま》で、《神》は《上》すなわち右(内)へという意味を持っています。スライドの基本は『トップの指令に基づいて右または左に移動する』というものです。

○上の通り、デュードヴァンの指令に従って3頭分右へスライドします。1番がラスボスです。

その一番はYとYです、

起点Yのフレイムウイングスと同じ9文字のストロングヴィル、ムウイとンフィとが3文字同士で響きあうグレンフィナン。【重合エニグマ】の発動です。

※【重合エニグマ】の働きは、《本籍地に戻って【愛のエニグマ】を発動させよ》というものです。

この場合は本籍地である11番の柱を使って【愛の傘】が開いている場所を探すことになります、

 

【愛の傘】が開いている場所は複数(4か所)ありますが、11番がウイング:ウイング:ガーベラと【カツ語群】で満たされている以上、それに留意する必要があります。

とりあえずトップが【カツ語群】を持っていて、なおかつ【愛の傘】の中心である場所は2か所あります。

◎わかりにくいかもしれませんが、フェイバリットのフェイはヘイ⇒ヒーと読み替えることができるので、立派な【カツ語群】です。それはまたスペースクラフトの《ペー》も同じです。さらにまたストロングレヴィルにはストロングとヴィという【カツ語群】がWで存在します。

◎3番タイガーインディでも13番ニュートンテソーロでもなく、15番フェイバリットの裏1番のケンシンコウが馬券になった(1着)のは、15番の柱が11番と同じく【カツ語群】で満たされていたからだと言えるでしょう。

※いかがでしょうか?JRAが用意する出馬表には、馬券に繋がる明白な意図が隠されていますが、それを事前に見抜くのは至難の業と言えるでしょう。結果が出てから『ああ、そういうことだったのか』と納得することはできても、なかなかお金にはつながりません。我が『原 蜜太の競馬暗号解読法』は、まだまだ『競馬必勝法』には程遠いと言わざるを得ません。

第68回クイーンステークス 強調された【カツ語群】

第68回クイーンステークス

強調された【カツ語群】に隠されたメッセージ

 

◎いつものように起点選びをする前に、このレースで決定的な働きをした【カツ語群】の、とりわけその分布について触れておきたいと思います。もちろんその配置は【JRA頭脳集団】が考え抜いたもので、これを頭に入れるならば、《レースの結果はあらかじめ決定されている》事実が疑いようもなく浮かび上がって来るのです。下記に表示するのは、いつものチャートとは趣を異とし、チャート上の【カツ語群】の分布を示しています。

◎ご覧の通り、トップチャートにある【カツ語群】を持った馬2頭が、ともに馬券に参加していますが、このことはこの第68回クイーンステークスに関する限り、偶然ではありません。説明していきましょう。

 

◉さて、いつものチャートに戻ります。

◆第68回です。14頭立ての68番目は12番なので、起点Aは12番。裏の3番が起点Bです。

秋へ向けてさらなる飛躍を誓う牝馬がそろう重賞”22文字なので、22番に当たる8番が起点X,裏の7番が起点Yとなります。

それでは、いつものように起点Aから攻めていきましょう。

◆起点Aはヴィーナスフローラ:オーロラフラッシュの組み合わせですが、ヴィーナスに【カツ語群】であるヴィがあります。お仲間は【カツ語群】+オーロラフラッシュ(の属性)を持った組み合わせです。

それは8番ですが、よく見ればヴォカツィオーネが起点Aの2頭のエレメンツを独占していると見えないこともありません。ということは、ヴォカツィオーネが強者ジャイアンであり、オーロラフラッシュがスネオであるということです。そして、強者ジャイアンであるヴォカツィオーネの友達がお隣り7番のオースミカテドラル、そしてさらにその友達が6番のブッシュアゲンです。

さて、タガノベルマネンテが4番のトップ・タガノアスワドとの間でホールド関係を形成し、ホールドされた5番がラスボスとなりました。

5番のベルクワイアはベルカアイアと読み替えることによって(かなり無理筋ですが)、【カツ語群】に属し、ショウリュウハルもまた『ショウリ』を持つことによって、まごうかたない【カツ語群】です。

さて、5番の柱が指し示す、最終解答はどこにあるでしょうか?

3つの可能性が考えられます。この時に忘れてならないのは【トップ⇒トップの原則】です。

最初はフェアリーポルカの8番です。

※リープはリーウ⇒リューと読み替えることが出来るので(フ=ユ=ム=ウ=ンの原則)ショウリュウハルと響きあいます。

 

さらには、スカーレットカラーの2番です。スカーレット⇒スカーレイト⇒スカーリートという読み替えによって、アロハリリーとつながります。また、ベルクワイアはベルカーイアと読み替えが可能なので、スカーレットとつながります。

◉馬券になったのは2番スカーレットカラー(3着)でした。

ベルクワイアとショウリュウハルに重複強調されていた【カツ語群】の存在により、最終解答は【カツ語群】を含んでいる馬名でなければならなかったのです。

 

◆起点Bは3番。ドヒョウギワ:ソウルトレインの組み合わせです。ドヒョウギワはドホウギワと読み替えが可能であり、ホウは【イー・マル語群】に属しています。

【イー・マル語群】+ソウルトレイン(の属性)を持つお仲間は8番にいます。ヴォカツォーネ:ユキノグローリーの組み合わせです。ヴォはボウであり、【イーマル語群】。トレインはトリーン(ボイーン(母音引の原則)と読み替えることによって、お仲間であることが分かりますが、クロスの状態ではないので、さらにそのお仲間を探します。それは2番にいますが、その2番の柱には兄弟がいます。13番です。

◉裏飛びなので、13番はスーパーボスになりました。スーパーボスの特徴は【愛のエニグマ】【KHエニグマ】【重合エニグマ】【クロスエニグマ】の発動が消え、【アル・エニグマ】が発動することです。

【アル・エニグマ】を発動させるのは『アル・イル・オル』『冠名の存在』『サン・ソウ・ショウ』などのキーワードです。

ついでに言えば「ムーン」も月=付きという連想が可能であるためか、【アル・エニグマ】を発動させます。

○13番がスーパーボスです。そしてウインオルビットにウインという冠名とオルがあります。

ここにある命題は、13番が指し示す一次回答の隣にアル(有る)ウインオルビットの属性を探せ・というものです。

それでは、まず一次回答の場所を探しましょう。

そして、その隣に有る、ウインオルビットのエレメンツを持った馬、それはレッドアネモスでしょう。

〇そして、その隣にはウインオルビットに応答する⑨ビーチサンバ(ウイ=ビー)と⑪モルフェオルフェが存在します。Bの最終解答は1番なのか、9番なのか、はたまた11番なのか?

ここで、スーパーボスになった13番に重複強調されている《ウイン》が意味を持ってきます。

◉最終解答は【カツ語群】を持っていなければならないのです。となれば、9番ビーチサンバしか考えられません。ビーチサンバが馬券になりました(2着)。

 

◆起点Xは8番。ヴォカツィオーネとユキノグローリーの組み合わせですが、どちらも【カツ語群】を含んでおり、【カツ語群】が重複している場所がお仲間になります。

それは13番のタイトロープウイン:ウインオルビットしか考えられません。そして、13番の柱は2番と兄弟のようによく似ています。ワープして、2番がスーパーボスになりましたが、【アル・エニグマ】の発動はありません。オータムレッドのレッドは冠名ではないからです。JRAホームページの出馬表⇒馬名意味で確認してください。

○2番が指し示す最終解答の場所、それは1番でしょう。

◉Xの最終解答は、1番です。レッドアネモスが11番人気ながら優勝しました。

 

◆起点Yは7番。エストとオースミカテドラルの組み合わせです。オースミカテドラルには【カツ語群】である《カテ》があります。《エスト》+【カツ語群】の組み合わせは見当たりません。しかし、すぐ隣に《ヴォカツィオーネ》《ユキノグローリー》がいて、その仲間は2番⇒さらに兄弟の柱13番に飛びます。

◉その後の展開は、Bと同じ。【カツ語群】の《ビー》を持つビーチサンバが最終解答です。

 

まとめますと

◇Aの答えは2番スカーレットカラーか、裏の13番サムシングジャスト。スカーレットが3着でした。

◇Bの答えとYの答えは同じで、9番ビーチサンバか6番カリビアンゴールド。ビーチサンバが2着でした。

◇Xの答えは1番レッドアネモスか14番シャドゥディーヴァ。11番人気のレッドアネモスがまさかの優勝です。

 

※前々回から触れているメイン11レースと裏にあたる第2レースとの関係について。

1番レッドアネモスの騎手:吉田隼人が2Rでは逆番にあたる14番キョウエイバラストに配され、14番のシャドウディーヴァが馬券有力かと思いましたが、その時点でいやな予感が脳裏をかすめました。

1番と14番をよく見比べてみましょう。

 

★この形を見て、シャドウディーヴァとレッドアネモスが馬券候補を交代するのではないかという疑念が生じたのですが、予感は的中しました。

私はその疑念を押し殺して、シャドゥディーヴァを軸としたワイド馬券を組み立てましたが、案の定シャドウディーヴァは計ったように首差の4着、馬券にはなりませんでした。

さすがに簡単には取らせてくれません。今回のところはJRA頭脳集団の完勝です。

 

 

第20回アイビスサマーダッシュ・プラス

第20回アイビスサマーダッシュ

+(プラス)

 

◆起点Aは2番。例によって天上界の地図であるトップチャートを棚上げにしてスタートするので(これ、鉄則です)、ヴィアメント:メイショウフォイルの組み合わせから、仲間探しをスタートします。

ヴィアメントに【カツ語群】に属する《ヴィ》があります。従って【カツ語群】+メイショウフォイル(の属性)をまず探さねばなりません。

◎お仲間は10番に存在し、しかもクロス状態です。ラナキラは《勝利》を意味するワードです。

 

そして、メイショウアステカが8番のトップ・ダイメイプリンセスとの間で9番をホールドしています。

9番がラスボスです。

○さて、9番の兄弟とでもいえる柱が17番です。

◉ここが最後の到達地で、6番または裏の13番が馬券の候補ということになります。

13番ライオンボスが2着でした。

 

◆起点BはAの裏・17番です。フラッシングジェム:メイショウフォイルの組み合わせ。

フラッシングジェムの最後の《ジェム》は《ゼン》と読み替えることができるので、一次暗号の一つ【イー・マル語群】です。【イー・マル語群】を探しましょう。

◉7番にオンザウェイ:ホウオウモントレーの組み合わせがあり、《ホウ》は【イー・マル語群】に属しています。そして、ホウオウモントレーはフラッシングジェムとメイショウフォイルの要素を独占しているようにも解釈できるので、強者のジャイアンです。そのすぐ隣の6番にお仲間がいるので、6番ビブショウまで滑ります。よく見ると、リシュプールは8番のトップ・ダイメイプリンセスとの間で7番をホールドしています。【ボイーン(母音引の原則】により、プリンセスはプリウセス⇒プルウセスと変形し、リシュプールと響きあうのです。

 

◎さて、7番の柱をよく見てみましょう。

 

トップのレジーナフォルテには4枠を意味するジー(シー),フォ(フォー)さらに【カツ語群】に属する《フォルテ》があります。オンザウエイは《ヨン》ザウエイと読み替えが可能です。ホウオウモントレーは同じく《ホウヨウ⇒ホウヨン》と読み替えが可能で、しかも《ホウ》は【イー・マル語群】に属しています。それだけではありません。左右の6番ナインテイルズ:8番ダイメイプリンセスにある《イン・イプ》は読み替えにより、同じものであるということが出来、しかも同じ位置にある(語尾から数えて5・6文字目)ことから、7番レジーナフォルテをサンドイッチ状態にしています。

【フ=ユ=ム=ウ=ンの原則】を当てはめてみてください。JRAの競馬において、この原則と【ボイーン(母音引の原則】はあらゆる場面で強烈な爆発力を発揮します。地方競馬ではどうなのか?私は地方競馬に興味がないし、そこまで手を広げる余裕がありません。興味がある人は調べてみてください。

レジーナフォルテはガチガチの自己肯定状態にあると言えます。

◉7番レジーナフォルテの裏・12番のビリーバーが3着に入線しました。

 

 

 

 

 

 

 

◆=“韋駄天”が集う新潟の名物重賞=15文字なので、起点Xは15番です。コンボルブルス:ナムラマッチェリの組み合わせですが、《コンボルブルス》にはやはり【イー・マル語群】の《ボル》があります。

お仲間はタニノホウザン:テイエムファルコンが組んだ9番ですが、クロス状態ではありません。

さらにそのお仲間を探すと、17番にいます。これはクロス状態です。

★前にも何度か説明していますが、《サン・ソウ・ショウ》は同じワードです。

《サン=サウ=ソウ=ショウ》という変形ができるからです。

 

○さて、メイショウカズヒメと裏のラブカンプーは響きあっており、また17番にはスライドもホールドも成立しないことから、2番にワープすることになります。

ワープした2番にはメイショウフォイル(冠名+イル)という【アル・エニグマ】発動のキーがあります。

まずは2番の柱が指しているように見える場所を特定し(一次回答)、さらにその隣にアル(有る)・メイショウフォイル(の属性)を探せという命題です。

一次回答は8番でしょう。

そして、その隣に有る・メイショウフォイルの属性とは、レジーナフォルテかジョーカナチャンか?

迷うところですが、結果は3文字が一致したジョーカナチャンでした。

◉Xの最終解答は、9番ジョーカナチャンか、裏の10番イベリスで、ジョーカナチャンが優勝しました。

 

◆起点Yは15番の裏・4番です。オノリス:ワールドイズマインの組み合わせですが、起点暗号はありません。そして、そのすぐお隣り5番にラブリースパイスという、二つのエレメンツを独占している馬名があります。仲間外れのコスタネラ(秋山真一郎)の友達が13番にいます。アスターストーリー:バルボア(秋山真一郎)の組み合わせです。そして、アスターストーリーが11番のトップ・アヤツリオヤジとの間で12番をホールドしています。12番がラスボスです。

○さて、ラスボスのブライティアランドには、二つのキーワードが存在します。

ティアはディア(可愛い)で【KHエニグマ】を発動させます。ランはラウ=ラブで【愛のエニグマ】発動のキーワードです。

【愛のエニグマ】ならば別の場所に【愛の傘】が開いていますし、【KHエニグマ】ならば自分自身を起点にして、キス&ハグの状態を作り出しています。

どうも【愛の傘】はないようです。そして、ライオンボスの13番に【KHエニグマ】が成立しているようです。

○キーワードのブライティアランドが、自身でキス&ハグを構成しているようにも見えます。

◉Yの答えは13番ライオンボスか6番ナインテイルズか。ライオンボスが2着に入線しました。

 

 

※いつものことながら、終わってしまえば説明は簡単。しかし事前に正解を把握して当たり馬券を手にするのは至難の業です。

◎前週に行われた中京記念と函館記念という二つの重賞は、どちらも3連単で300万円超の大穴となりましたが、それでも終わってしまえばちゃんと説明はつくのです。レースが終わった後で、『どうしてこんな簡単なものが見抜けなかったのか』と思うことばかりですが、何度やっても完全解読は難しい。

例えば函館記念の場合。

 

起点Aのラスボスは9番となりましたが、シャルロッテミノルの存在により、【愛のエニグマ】発動です。『ロッテ=ローテでローは【愛のエニグマ】発動のキー』

さて、ここで【愛の傘】探しですが、トラップが仕掛けられています。普通ならば【愛の傘】の中心は4番ですが、答えは全く違う場所でした。そして、よく見れば3番とその裏14番がそれぞれ【愛の傘】の中心という構図になっていました。

◎基本的には、3つのエレメンツがトップチャートに並んでいる4番が普通は正解なので、正解を見つけ出したと思い込んで、対面関係にある【愛の傘】③⇔⑭を見過ごしてしまうという、心理的なトラップにはまってしまいがちです。

 

◎この正解を事前に見抜くのは、かなり難しいことです。ひょっとしたら人名が二つ重なっているように見えるシャルロッテミノル及び二つのワードが重なっているビッグピクチャーが真の答えのありかを暗示していたのかもしれません。

 

◎最後にとっておきのネタバレを。

○前回紹介した、メインとその裏のレースにあたる第2Rとの関係について、少し触れておきます。

あまり詳しく説明するとヤバイような気もするし、また、まだ十分なデータも集まっていないので、決定的なことは言えません。

 

◉例えばラジオNIKKEI賞の場合。13番(1番)に、団野大成騎手が重なり、団野騎手のバビットが優勝馬となりました。団野騎手は午前中の落馬事故により内田博幸騎手に乗り替わりとなりましたが、出馬表発表時点のデータが生きており、団野大成騎乗という解釈で構わないと判断できます。

◉同じ構図なのが7月12日のプロキオンステークスの16番。メインのプロキオンSも第2Rの16番も武豊騎手で、武豊騎乗のヤマニンアンブリメが3着と馬券になりました。

◉それでは函館2歳ステークスはどうでしょうか?メインと第2Rの11番には同じ菊川正達調教師。

しかし、11番は馬券にならず。

○でもよく見てください。2Rワイノナの騎手・丹内祐次が13番との間で12番ルーチェドーロをホールドして、ルーチェドーロが2着しています。

◉同じ構図が7月19日・函館記念の丹内祐次騎手。メインでは16番に、そして第2Rでは対面する1番に配され、どちらも馬券にはなっていません。しかし、第2Rの1番ボンテンマル(丹内祐次)は3番のミスマンマミーアと4~5文字目が同じ。そしてボンテンマルとミスマンマミーアにホールドされた2番バイオスパークが馬券(3着)になっています。

まだまだ語るべきことがありますが、今日のところはここまでにしておきましょう。

メインレースと第2レースとの関係については、複雑な読み替えやその他のテクニックが必要とされないように見えるので、究極の《ヤバイ》必勝法?と思える部分もありますが、即断は禁物です。

アイビスサマーダッシュと第2レースとの関係についても、いまひとつ説明しきれません。

第25回プロキオンステークス 最終暗号セグレドスペリオル

第25回プロキオンステークス

=最終暗号 セグレドスペリオル=

◆起点Aは9番。ララメダイユドール:デクレアラーの組み合わせです。

すぐ隣にお仲間がいます。ニューモニュメント:セグレドスペリオルの組み合わせですが、残念ながらクロスの一致ではありません。さらにお仲間を探します。12番にさらなるお仲間がいます。

◎さて、12番の柱をよく見ましょう。トップもナンヨーもサンライズも、すべて「上冠名」です。スライドの条件を満たしています。上に付く冠名は、『右(内)へ』という意味を持っているので、トップウイナーの指令に応答して、2頭分右へ移動します。

2頭分内へ移動して到着したのは10番で、これがラスボスです。10番が指し示すのはどこでしょうか?

◉5番のように見えます。

※しかし、5番が馬券になることはありえません。《セグレドスペリオル=スペシャルシークレット》の存在が、そんな簡単なものではないよ・と、もうひとひねりを要求しています。では、どうひねればいいのか?

この《セグレドスペリオル》という最終暗号は、前回のブログで紹介した《マジック》とよく似た働きをしているようです。

レッドルゼルが赤の3枠を示し、スマート(スマアト)とアドマイヤに共通する要素《アト》が、同じ3枠でもアト(後)のほうだよと教えていると考えられるのです。レッドルゼルと同じ3枠のアトの馬。

すなわちサンライズノヴァが最終の答えです。(注:スマートおよびアドマイヤそのものは、上付き冠名であり、通常の場合は『内へ戻る』という意味を持っています)

◉Aの解読結果は6番サンライズノヴァか11番エアスピネルで、どちらも馬券になりました。

 

◆起点Bは8番です。バンミコード:トロイメントの組み合わせですが、この両馬名の末尾にある[ード]と[ント]は同じものです。(コード=コウド=コンド メント=メウト)

従って起点Bの意味するところは、まず馬名末尾の『―ト,ント』を探しなさいという指令であると考えられます。

◇その場所は2か所あります。4番アイアムレジェンドと10番ニューモニュメントです。

◎その相方はそれぞれメイショウアステカとセグレドスペリオルです。そして、そのそれぞれを仲間外れと見るならば、仲間外れとなった両馬の友達は13番にいます。オールイズウェルです。さらにオールイズウェルの友達が隣に居るので、12番サンライズローリエまで滑ります。

トップウイナーの12番が最終のお仲間となり、12番はトップ:ナンヨー:サンライズと、(上冠名)で占められています。

◉おやおや、これではAと同じ展開です。ということは、Bの答えもAと同じく6番か11番ということになります。

“梅雨時のダート1400メートルのスピード比べ” 22文字なので、22番に当たる6番が起点Xとなります。

◆起点Xはストーミーバローズとサヤカチャンの組み合わせ。もうお分かりでしょうが、サヤカチャンには最強の起点暗号である【カツ語群】のカチがあります。【カツ語群】を探さねばなりません。

○5番スマートセラヴィー,7番のォークザライン(馬名の頭《ウ》と末尾の2文字《イン》で《ウイン》),10番のスペリオル,13番のフリーフリッカー,サトノウィザード,とありますが、エングローサーもホームページで検索すれば『《勝利を》独占するもの』とあるので、広義の【カツ語群】といえます。そして、エングローサーは相方のストーミーバローズのエレメンツである《ロー》も含んでいることから、この馬名が最も有力なお仲間であると言えるでしょう。16番のエングローサーをお仲間とすると、その隣の15番、さらにその隣の14番にエレメンツの繋がりがあるので、そこまで滑ります。

○さて、14番サクセスエナジーまで来ました。極端な動き方ですが、ここが最終のお仲間です。ここからラスボスを決めなければなりません。サクセスもキタサンもサトノも『上冠名』なので、文句なしにスライドです。

○上の通り、サクセスエナジーの指令に基づいて2頭分右へ戻ります。トップウイナーの12番がラスボスです。

サンライズローリエに【愛のエニグマ】発動のキーである《ロー》があります。

【愛の傘】を探さねばなりません。中心か翼かを探すときの重要なポイントは、3つのエレメンツのうち2個以上が集まっている場所を見つけ出すことです。

16番ヤマニンアンブリメに総てのエレメンツが集まっていることはお分かりですよね?

16番は【愛の傘】の一翼になるのです。

◉Xの最終解答は、1番カフジテイクか16番ヤマニンアンブリメです。ヤマニンアンブリメが3着に食い込みました。

 

◆起点Yは11番。バーンスター:カワキタアジンの組み合わせですが、お仲間は見当たりません。

よく見ると、エアスピネルとバーンスターがともに《天空》を共有しています。

《空》はワープのキーなので、ワープして、6番のサンライズノヴァに飛びます。

さて、6番の柱はどの地点を指し示しているのでしょうか?

◉実は、他のどの場所も指してはいません。6番自身・それが答えです。

 

◇3枠6番にサンライズノヴァ:ストーミーローズ(ミーはヒー・フー・ミーで3,ローは中国語の6)そしてヤカチャのトップ《サ》と末尾《ン》で《サン》さらに【最強の暗号・カチ】があります。

◇それだけなら3枠6番絶対とはなりませんが、左右を見てみますと、5番にはレッドルゼルが、7番にはラプタスが居て、左右から3枠6番だよと後押ししているのです。(ラプタスはラウタス⇒ロウタスと読み替えることができますから、中国語の6を含んでいます)

◉また、ルゼルは《熱望》,ラプタスは《衝動》という意味を持つ馬名で、同じカテゴリーに属しているワードであると考えることもできます。

従って、3枠6番サンライズノヴァはガチガチの強調馬番ということになります。

 

 

 

 

 

◉Yは6番サンライズノヴァか、裏の11番エアスピネルで、両馬が①②着しました。

レースの結果は、1着が6番サンライズノヴァ 2着は11番エアスピネル 3着が16番ヤマニンアンベリメでした。

 

★私は久々に馬券を買い、8枠16番ヤマニンアンブリメを軸にしたワイド馬券をゲットしました。

◎実は完全解読していたわけではありません。それは、ここまでの説明からはずれた5番を馬券の対象に加えていることでも明らかですし、6-16,11-16という馬券は、『どちらかが当たり』という気持ちで選択したものにすぎません。それがどちらも馬券になり、11-16に至ってはワイドでは珍しい万馬券になりました。結果的には的中馬券を手にすることが出来たものの、あまり威張れることではありません。なによりもこのブログの目的は、的中を誇ることでもなく、取れる馬券を指南することでもないのですが、まあ、たまには許してくれてもいいでしょう。

 

ワイド6-16は3,760円 11-16は11,650円

それぞれ2000円を購入していたので、30万円超のリターンになりました。

 

 

 

※それではなぜ、1枠1番カフジテイクではなく、8枠16番ヤマニンアンブリメ(武豊)をワイドの軸にすることができたのでしょうか?

その秘密は《裏のレース》である第2レースの出馬表との対比にあります。

○7月9日に公開したブログ(最終暗号 ワールド・リフレイン・マジック =サイン発見の旅はエンドレス=)の最後で、メインレース(11R)と裏にあたる第2レースの関係について触れていますが、過去のすべてのケースを検証したわけではないものの、直近のGレースでは密接な関係が存在しており、ある程度の確信を持って選択した8枠16番なのでした。

◎これ以上の説明はしません。このブログを読んで興味を持たれた方で、まだ新聞を捨てていない方には検証をお勧めします。ちなみに、同じ7月12日に行われた福島の七夕賞で2着に入線したブラヴァス(福永祐一)も福島第2レースとの対比検証で説明できることを申し添えておきます。

最終暗号 ワールド・リフレイン・マジック

最終暗号 ワールド・リフレイン・マジック

=サイン発見の旅はエンドレス=

これまでは、基本的に一つの重賞について暗号解読を試みてきましたが、今回は趣向を変え、最近のいくつかの重賞で発見した最終暗号について述べてみます。

 

■最初は6月21日に施行された第27回函館スプリントステークスです。

◆起点Xにレゴリス:タピゾーという組み合わせがあります。問題はタピゾーの解釈ですが、ゾー=ソー=ソウ=サンであることから、お仲間は3枠5番のレーガノミクスであると解釈できます。

(3枠というのは、トップであるティーハーフの枠のことです。5番の柱は2番マリアズハートを指しています。ここでラスボスとなった5番のスパイス《マジック》を見落としてしまうと、正解にはたどり着けません。

マジックはどんなサインを発しているのでしょうか?

たどりついた2番にマリアズハート:コスモレリアが配されていて、リア(後方・バック)だよと教えています。2番のリア・1番が答えです。

1番スリーケープマンボの裏16番ダイメイフジが2着に入線しました。

◎マジックというラスボス地点の暗号は、一見最終解答のように見える場所から、さらに頭をひねりましょう・というサインのようです。

 

■次は7月5日に施行された第69回ラジオNIKKEI賞を見てみましょう。

◆ここでも起点X(2番)にウインオルビット:ダウンタウンプリマという組み合わせがあります。

ウインオルビットに【カツ語群】である[ウイン]および[ビッ]があります。そのお仲間は6番に配置されています。ペイシャドリーム:カシマフウリンです。

さらなるお仲間は見当たりません。よく見るとアール:ペイシャ:カシマと《上付き冠名》がそろっているので、スライド分析を試みます。

アールクインダムの指令に基づき、3頭分右へスライドします。

たどりついた地点は3番です。そして3番は6番アールクインダムを指しています。

しかし、6番アールクインダムも裏の7番ベレヌスも馬券に絡んでいません。

◎リノワールドが、6番を基に別の地点を探しなさい・と告げているようです。

クイン=キンです(ボイーン(母音引)の原則です)。ドリーム=ドリイプです(フ=ユ=ム=ウ=ンの原則です)。

2番ディープキング(3着)も裏の11番パンサラッサ(2着)もともに馬券になりました。

◎ワールドは【もうひとつ拡げてみましょう】というサインであるようです・

 

■同じく7月5日に阪神競馬場で施行されたCBC賞を見てみましょう。

◆今度は起点Yの14番です。

サンティーニ:テーオーターゲットの組み合わせですが、サンティーニには【イー・マル語群】の《イー》があります。そしてサンティーニの馬名要素を独占しているのが6番ティーコア:サムシングフレアであり、6番そのものは3番の柱と双子のように似ています。

◎さて、ラスボスとなった3番は、どこを指し示しているでしょうか?一見するとアンヴァルの6番のように見え、確かにアンヴァルが2着と、馬券になっています。

しかし、リフレインというラスボス暗号の存在を無視できません。そして、6番がさらに指し示しているのは2番のレッドアンシェルであると言えます。

◎リフレインもワールドとよく似た最終暗号で、《もうひとつひねりましょう》というサインのように思われます。

 

※最終暗号はもっともっと存在するでしょう。それらを事前に発見し、その意味をきちんと把握しなければ、的中にはたどり着けません。JRA頭脳集団の仕掛けに完璧に対応するのは、至難の業と思うゆえんです。

 

★最後に、とっておきの大サービスです。(となるかどうかはわかりませんが)

◇競馬は表裏が基本です。本当にそうならば、メーンレース(多くの場合、それは11Rに組まれています)の裏は2Rということになるのではないでしょうか?

私はそう考え、7月5日に行われた2重賞:ラジオNIKKEI賞とCBC賞について、それぞれ第2Rの出馬表と対比してみました。その結果はちょっと驚くべきものでした。

◆ラジオNIKKEI賞では13番(ラジオNIKKEIは12頭立てなので13番とは1番ですが)と第2Rの13番に、ともに団野大成騎手が配置され、団野大成騎手(落馬事故のため、実際は代打騎乗した内田博幸騎手)のバビットが優勝しました。

 

◇CBC賞の3番と阪神第2Rの3番には、ともに斎藤新騎手が配され、斎藤新の3番ラブカンプーが優勝しました。

.ラジオNIKKEIの場合も、CBC賞の場合も、馬番で一致する騎手・調教師はほかに見当たりません。

これが全てのケースであてはまるのかどうかは、未検証ですが、ちょっとおもしろい結果だと思いませんか?

皆さんも検証してみてはいかがでしょうか?

第61回宝塚記念 まさかのサートゥル4着も、解読は満点

第61回宝塚記念

まさかのサートゥル4着も、解読は満点

まずは6月20日に公開したエプソムカップについて。ちょっと記事を追加したので、興味のある方は目を通してください。

 

◉“波乱の決着も珍しくない上半期の大一番”18文字ですが《珍しくない=メスらしくない》のコピー通り、クロノジェネシスが牝馬らしくない剛脚!?を発揮して6馬身差で圧勝し、一番人気のサートゥルナーリアは『適当に歩いて』4着に終わりました。

※尤も、牝馬が牡馬をねじ伏せる光景は競馬の世界では珍しいことではなく、《メスらしくない》という言い方は誤った男性優位思想の産物であると言えそうです・・・・余談ながら。

閑話休題(それはさておき)

○一着クロノジェネシス,2着キセキ,3着モズベッロという結果だったからこそ、わたくし原蜜太の暗号解読作業は成功に終わったわけで、3着がサートゥルだったら頭を抱えていたところです。サートゥルの4着はあらかじめ決定されていたと思うしかありません。

 

◎前置きはこれぐらいにして、早速解読を始めましょう。

第61回です。18頭立ての61番目とは7番ですから、起点Aは7番。裏の12番が起点Bです。一方 コピーは18文字なので18番が起点X,裏の1番が起点Yです。

◆さて、起点Aは7番。ボードウォーク:メイショウアステカの組み合わせです。

ボードウォークに【イー・マル語群】のボーがあります。【イー・マル語群】とメイショウアステカのお仲間を探しましょう。

○お仲間は9番。ベストマイウェイ:テイエムジョウネツの組み合わせで、クロスの一致です。さらなるお仲間探しは必要ありません。

○9番のトップ:アドマイヤアルバと裏のメイショウテンゲンをよく見てみましょう。

マイとメイはどちらも【ボイーン(母音引)の原則】によりミー(ミイ)と読み替えることができるので、仲間ということが出来、従ってアドマイヤアルバからメイショウテンゲンにワープします。メイショウテンゲン:ダンサクドゥーロ:メリッサーニが教えてくれる最終到達地点はどこでしょうか?

これでしょう。Aの答えは3番グローリーヴェイズまたは裏の16番クロノジェネシスです。

 

◆起点Bは12番。アドラメレク:ヒッチコックの組み合わせですが、ヒッチコックはヒイチコックであり、【カツ語群】を含んでいます。

 

アドラメレクの騎手が西村淳也なので、クロスのお仲間は3番です。そして3番の柱のサード:ゴールデンライオンは5番のトップ:サートゥルナーリアとの間で4番をホールドしていることが分かります。

さて、ホールドされてラスボスとなった4番にはタガノヴェローナがいます。ローというのは【愛のエニグマ】の発動キーです。【愛の傘】を探しましょう。

 

※カン=カフであることは、お分かりでしょうね?(フ=ユ=ム=ウ=ンの原則を適用してください)

◉【愛の傘】の中心はモズベッロなので、12番または7番がBの最終到達地点ということになります。

 

◆起点Xは18番ですが、同じ組み合わせが2番にあるので、起点は移動して2番になります。

クリノフラッシュ(岩崎翼):アロマティカスの2頭の要素を重ね持っているのは7番メイショウアステカ。ジャイアンのメイショウアステカとスネオのボードウォークの友達がともに両サイドにあるので、どこにも行きません。そして、ボードウォークが5番のトップ:サートゥルナーリアとの間で6番をホールドしているので、ホールドされた6番がラスボスです。そして、6番が指し示す最終到達地点は5番のサートゥルナーリアです。

Bと同じようにホールドされてラスボスとなった6番が示唆する最終到達地点は?

それはすぐお隣りの5番です。1番も構図的にはアリですが、【お隣りのアドバンテージ】が効いています。

◉Xの答えは5番サートゥルナーリアか裏の14番キセキです。圧倒的人気のサートゥルは4着に敗退し、キセキが2着しました。

 

◆起点Yは1番。サンライズセナ:ハクアイウインザーの組み合わせですが。これも同じ組み合わせが17番にあるので、17番に起点が移動します。

ハクアイウインザーに【カツ語群】のウインがあるので、【カツ語群】を探しましょう。

 

クロスのお仲間は3番。そして3番はBと同じ展開により、お隣りの4番がラスボスとなります。それならばYの結論もBとまったく同じで、12番か7番ということになります。

 

まとめますと

◇Aの答えは、3番グローリーヴェイズか16番クロノジェネシスで、クロノジェネシスが6馬身差で圧勝しました。

◇BとYの答えは12番モズベッロか7番ワグネリアンで、モズベッロが3着。

◇Xの答えは5番サートゥルナーリアか14番キセキで、一番人気のサートゥルナーリアは4着と適当に歩いてしまい、キセキが2着でした。

 

◎馬連は⑭-⑯で        3,410円

◎馬単は⑯⇒⑭で        5,350円

◎3連複は⑫-⑭―⑯で  51,240円

◎3連単は⑯⇒⑭⇒⑫で 183,870円という結果でした。

私は例によってビビってしまい、馬券には手を出していませんが、もし手を出したとしても多分サートゥル中心の馬券構成だったと思われるので、あまり偉そうなことは言えません。

第25回マーメイドステークス ラインという暗号

第25回マーメイドステークス

《ライン》という暗号

◉第25回です。16頭立ての25番目は9番なので、起点Aは9番。裏9番の8番が起点Bとなります。

さて、起点Aはバーンスター:アスカリの組み合わせ。アスカリというのは出馬表の馬名意味で調べると兵士(スワヒリ語)です。拡大【カツ語群】になります。

お隣りの10番に《スズカメジャー》が配されていて、メジャーもまた拡大【カツ語群】に属しています。

10番はアヴァンセも含めて9番のお仲間と言えますが、クロスの一致ではありません。

さらにお仲間を探します。3番に10番のクロスが存在します。

ナルハヤの意味を調べます。《なるべく早く》という意味だそうですが、ナルは鳴る=音と考えれば、

右(内)へという指示を発していると考えることができます。スライド分析をしてみましょう。

◎ナルハヤの指令に従って2頭分内へスライドすると、1番に到達します。1番がラスボスです。

1番には《ラインジェット》が配されています。《ライン》は『仲間の柱』を意味する暗号と解釈できます。1番の3つのエレメンツをそのまま満たしている柱を探してみましょう。

そして、13番の裏にあたる4番もまた

※リュヌルージュとリンディーホップとリフトトゥヘヴン。【フ=ユ=ム=ウ=ンの原則】により馬名の頭と末尾が響きあうことはお判りでしょう?また【ボイーン(母音引)の原則】により、ラインとリンも響きあっていますよね。

◎まさに、向かい合う4番と13番の柱全体が1番の柱と響きあっています。

◎もうひとつ、引っ掛かりやすいトラップが用意されています。

◎ある程度の人気を集めているリープフラウミルヒに思わず心が動きそうですが、4番と13番という、表裏に配置された『ライン』の妙には及びません。
◉Aの答えは4番または13番と見ることが出来、13番のサマーセントが1着となりました。

 

◆起点Bは8番。キーフラッシュ:セイイーグルの組み合わせですが、セイイーグルに一次暗号の一つ・【イーマル語群】があります。【イーマル語群】とキーフラッシュの要素を持つお仲間は6番にいます。

◇クロスの一致なので、さらなるお仲間を探す必要はもうありません。

コパノマーキュリーが8番のトップ:リープフラウとの間で7番をホールドしているように見えますが、

6番はセンテリュオの指令に基づいてスライドする要件も満たしています。

スライド>ホールドなので、スライド分析をしてみましょう。

センテリュオの指令に基づいて内へ2頭分戻ります。4番がラスボスです。

◇4番は1番を最終解答として指名しています。ここでも、8番リープフラウミルヒに心が動きそうですが、冷静に判断すればトラップであることが分かるはずです。

◉Bの答えは1番リュヌルージュか裏の16番レイホーロマンスで、リュヌルージュが3着に入線しました。

 

“格上挑戦馬の活躍が目立つ一戦”14文字なので、起点Xは14番。裏の3番が起点Yです。

◆起点Xはストーミーバローズ:ミズリーナの組み合わせ。お仲間は1番ですが、クロスの配置ではないので、さらにお仲間を探します。ショートストーリー:ラインジェットのクロスのお仲間は4番です。

そして4番が最終的に1番を指名しているのはBと同じです。

※ライン=リン=リフ(【フ=ユ=ム=ウ=ンの原則】と【ボイーン(母音引)の原則】を駆使して読み替えてください。

 

◆起点Yは3番。メイショウマトイ:アンクルテイオウの組み合わせで。そのお仲間は10番にいます。

クロスの一致です。

隣りにバーン(バアン)スター:アスカリという組み合わせがありますが、クロス状態の一致なのでもうそちらに引っ張られることはありません。

アヴァンセに【愛のエニグマ】発動のキーである《アウ・アン》があります。

【愛の傘】はどこに開いているでしょうか?

そして6番の裏11番にも【愛の傘】が開いています。一頭置きです。

◉Yの最終解答は6番センテリュオか裏の11番オスカールビーで、センテリュオが2着になりました。

 

まとめますと

◇Aの解読結果は13番サマーセント(1着)または4番リンディーホップ

◇Bの解読結果は1番リュヌルージュ(3着)または16番レイホーロマンス

◇Xの解読結果はBと同じ

◇Yの解読結果は6番センテリュオ(2着)または11番オスカールビー

 

連複は6-13で    8,070円

連単は13-6で      14,890円

3連複は1-6-13で  18,460円

3連単は13-6-1で125,270円という結果でした。

※このレースの最大のポイントは、『ライン』という暗号をどう解釈するかということであったということができます。

 

 

第37回エプソムカップ 420万馬券を解読してみました

第37回エプソムカップ

420万馬券を解読してみました

◉いつもの通り、起点決めから入ります。

第37回です。18頭立ての37番目とは1番ですから、起点Aは1番,起点Bは裏の18番となります。

一方“秋の大舞台へ飛躍を期す一戦”13文字ですから、起点Xは13番,裏の6番が起点Yとなります。

《レース結果は起点の通りとなりましたが、これはあくまでも偶然です。こんなものを追いかけていたら、たちまちスッカラカンになってしまいます。》

 

◆さて、起点Aです。いつものように天上界の地図であるトップの馬名要素は棚上げして、地上の地図である下位チャート(10Rと12R)をセットにして、解読をスタートさせます。

◎1番は《マサキノテソーロ》:《スマートエリス》の組み合わせですが、双子の組み合わせが12番にあります。マサキノテソーロ:スマイルプリティの組み合わせです。

マサキノテソーロをJRAホームページ⇒出馬表⇒馬名意味で調べると、人名+宝物 とあります。

しかし、マサキという馬名には二つの一次暗号が隠れています。

マサは【イー・マル語群】です。またサキというのは幸魂(サキタマ)の例からもわかるように《幸い》を意味する言葉でもあり、それなら【ハッピー語群】です。

◎起点暗号における優先度は【ハッピー】>【イー・マル】ですから、マサキノテソーロはまず『ハッピー語群』を見つけなさい・という意味であると解釈できます。

すぐ隣の11番にそれは配されています。ジョブックコメンです。ブックはフク=福ですから、マサキノ⇒ジョブック⇒それからさらに隣りのトーアシオンまでスライドします。ジョブは【フ=ユ=ム=ウ=ンの原則】によりジョウ⇒ジョン⇒シオンと読み替えることができるからです。

さて、10番の柱はマイネル:クリノ:トーアと【上冠名】が並んでいます。マイネルという【上冠名】の指令・右(内)へに従って、2頭分右へスライドしますと、到達したのは8番で、ここがラスボスです。

8番の柱が指し示す最終解答はどこでしょうか?3か所の可能性が考えられます。

まずは12番。

お次は10番。

もうひとつは12番。

これをすべて馬券候補にすると、表裏が原則ですから、6番か13番,7番か12番,9番か10番ということになり、収拾がつきません。一組に絞りたいところです。

★サトノフォースに注目します。サトはサード すなわち③と考えれば、3枠6番のダイワキャグニーが有力ということになります。

Aが指し示す答えは6番ダイワキャグニーか13番アイスストームです。ダイワキャグニーが1着でした。

 

◆起点Bは18番。クロノメーター:ディナミーデンの組み合わせ。【カツ】【ハッピー】【イーマル】の起点暗号はありません。

◎ここで想像力を働かせてみましょう。メーター(メイター)は【ボイーン(母音引)の原則】によりミーターと読み替えることができます。そう考えると、起点Bのお題は《ミー・メイ》を探せ・ということではないかと考えることができます。《ミー・メイ》はどこにあるでしょうか?一見するとありません。しかし【ボイーン(母音引)の原則】をさらに敷衍すると《マイ》もまた同じグループであると考えることができます。

マイは下の母音『イ』に引っ張られてミー(ミイ)と読み替えることができるからです。すると、候補は2頭の馬、6番のサード《マイネルナイペス》か12番のサード《スマイルプリティ》ということになりますが、《マイ》が露出しているマイネルナイペスを取り上げてみます。

◎クロノメーターとディナミーデンのエレメンツを独り占めしているマイネルナイペス。仲間外れは《シャチ》ということになります。シャチの友達はどこにいる?一つ置いた3番にカッチ(カアチ)ョエペペという馬名があり、これが仲間外れ《シャチ》の友達です。

◎3番をよく見てみましょう。

◇隕石という天体とサン(太陽)という天体。空を飛ぶもの・空にあるものは【ワープ】の暗号です。

併せ技で裏に飛べば、16番アンドラステ。アンドラステが指し示すものは18番トーラスジェミニしか考えられません。(サンが常に太陽を意味しているとは言えませんが、JRAホームページでクインズサンの馬名意味を調べ、この場合は太陽であることが確認できました)。

◉Bの最終解答は、18番トーラスジェミニか1番ソーグリッタリングで、どちらも馬券に参加しました。

 

◆起点Xは13番。ドゥディとアイムソーグレイトの組み合わせです。グレイトが【カツ語群】に属するので、【カツ語群】+ドゥディのお仲間を探します。条件を満たすお仲間はありません。しかし、9番に【カツ語群】が集まっています。

9番を分析してみましょう。

エメラルファイトの指令に基づき、2頭分前に進みます。11番がラスボスです。そして11番の柱が指し示す馬番は1番です。

※ブック=ブウク=ブンク=リングとつながることはお分かりですよね?

1番はがんじがらめです。

◉起点Xの最終解答は1番または18番です。

 

起点Yは6番。シャチ:マイネルナイペスの組み合わせですが、シャチはサチと読み替えることが可能で、【ハッピー語群】です。

シャチ(サチ):マイネルナイペスのお仲間は12番マサキノテソーロ:スマイルプリティでしょう。

そして12番の柱は11番と双子であると言えます。

そして11番が1番を指し示しているのは、Xで説明した通りです。

(ショブ=ショウ=ソウ=ソーでマサキノテソーロとジョブックコメンは繋がります)。

 

まとめます。

◇Aの解読結果は6番か13番で、6番ダイワキャグニーが一着。

◇Bの解読結果は18番か1番で、1番ソーグリッタリングが2着,18番トーラスジェミニが3着。

◇Xの解読結果は1番か18番。

◇Yの解読結果もXと同じ。

 

馬券は

◎馬連が1-6で         12,210円

◎馬単が6→1で         30,810円

◎3連複が1-6-18で  739,440円

◎3連単は6→1→18で4,219,320円という大荒れの結果になりました。

ここから先の記事は、7月1日以降に追加しました。

※だがしかし、ちょっと待った!起点Yは6番⇒12番⇒13番・・・と流れていくのが、むしろ自然ではないでしょうか?

すると、13番に【愛のエニグマ】が発動し、そのエニグマが指し示す【愛の傘】は、第一義的に3番(ギベオン)を中心として開いているように見えます。ところが3番も、その裏の16番も、馬券に参加していません。これはどうしたことでしょうか?

もう一か所、形としては遥かに弱い【愛の傘】が1番を中心に開いており、実はこれが当たりでした。

アイスストーム:アイムソーグレイトと強調されている《アイ》とは英語アルファベットでは9番目であり、8枠制の日本競馬では9番目の枠とは1枠のことです。

また《アイムソーグレイト》のアイムは【フ=ユ=ム=ウ=ンの原則】によりアインと読み替えることが出来、ソー(ソウ)は【ボイーン(母音引)の原則】によりス(スー)と読み替えることができるので、アイムソーはアインスとなります。

◎それがどうしたって?アインスとはドイツ語で《1》なのです。だからアイムソーグレイト(アインスグレイト)は『1番が大きな仕事をしまっせ!』というサインであると、採れないこともありません。

もっともこれは、結果が出てからのコジツケに近い考え方であり、レース前にここまでの理解に達するのは至難の業であると言えるでしょう。

★あらかじめ結果を知った上で出題してくる《JRA出馬表作成者集団》と、われわれ部外者との間には、途方もないハンデが存在していると言えるでしょう。