記事一覧

第81回皐月賞 アドマイヤハダルの大ミステークラン!?

第81回皐月賞

アドマイヤハダルの大ミステークラン!?

 

◎話がいきなり4月3日の第39回阪神牝馬Sに飛びますが、気が狂ったわけではありません。

このレース、11-2ボンバーでは3番のブランノワールが高得点で複勝1点勝負の候補と思われました。しかし、ブランノワールは8着といいところなく、その裏の10番デゼルが1番人気に応えて優勝し、単勝310円,複勝140円の配当でした。

 

◎なぜこういう結果になったのでしょうか?

それはメインの10番デゼルと2R10番のメモリーエアシップが教えてくれます。

デゼルとは『翼』という意味の馬名。そしてエアシップは『飛行船』。

11-2における最強キーワードである【天空】が、一見して複勝の最有力候補と思わせた3番の裏にいたのです。

◎さて、今度は肝心の皐月賞です。このレースの11-2チャートを見ますと、12番ワールドリバイバルが高得点です。しかし、ワ《ールド》リバイバル:ディ《ベル》ティールともに【天空】【宝石(鉱物)】【通貨】などの強力キーワードを持っていません。そしてこの2頭の馬名要素を16番レッド《ベル》オーブ:ゲッレ《ールト》が引き受けています。そして、その裏1番はアドマイヤハダル:トップシンデレラの組み合わせ。ハダルというのは『ケンタウルス座のベータ星』=【天空】そして2Rにはトップ(飛ぶ)【これも天空関係】+シンデレラの構図です。

◎これを見ると、この皐月賞でJRAが複勝候補として推奨しているのは1番アドマイヤハダルで間違いないと思われました。残念ながらアドマイヤハダルはステラヴェローチェにクビ差届かずの4着でしたが、私のメインテーマである【前後レースの暗号解読】でも①or⑯は成立しているので、極めてレアケースではあるものの、3着に入るはずであったアドマイヤハダルに何らかのアクシデント(馬あるいは騎手に走る気がなかった?)があっての4着なのだろうと今でも思っています。

 

◉さて、それでは本題の解読作業に入ります。

第81回ですから16頭立ての81番目にあたる1番が起点A,裏の16番が起点Bです。

◆起点Aはレシプロケイト:シビックヴァーゴの組み合わせですが、これはレシプロケイト&【カツ語群】の組み合わせと見ることが出来、大外16番に飛びます。レシプロケイト:バイマイサイドの組み合わせです。そこからさらに12番に動きます。ワールドリバイバルの12番です。ここでワールドとは何を意味するか、考える必要があります。ワールドとは《イチ》《ワン》《アン》と同じで、同じエレメンツで固められた柱を探せ、という意味のようです。同じ要素が集まった柱は10番にあります。そしてそこでは【クロスエニグマ】が発動しています。

【クロスエニグマ】は基本的に『仲間外れ探し』です。

シュヴァリエローズに下位チャート(天上界から地上へ)に降りてきてもらって、仲間外れを探す・というのが基本ですが、仲間外れは《サンライズカラマ》でもあり《ディバインフォース》でもあります。

従って、天上界で《サンライズカラマ》でもあり、《ディバインフォース》でもある馬名を探せば、それがAの答えです。7番エフフォーリアがそれです。

どちらもエフフォーリアが対象です。

◉Aの答えは7番エフフォーリアか裏の10番シュバリエローズです。エフフォーリアが優勝しました。

 

◆起点Bは16番。レシプロケイト:バイマイサイドの組み合わせ。1番に双子の様な組み合わせがあります。

◎最終的なお仲間は3番にいました。そして、トップのステラヴェローチェの頭(2文字)と末尾のェをつなげれば《ステエ=ステイ》となり、【施錠の暗号】が発動されています。

さらには、プリンスに【愛のエニグマ】を発動させる《リン》があります。

ご覧の通り、10番シュバリエローズを中心として、左右2頭ずつで挟み込んだWの【愛の傘】が成立しています。

◉Bの答えもAと同じ。⑩シュバリエローズか7番エフフォーリアです。

 

クラシック三冠の開幕戦”11文字なので、起点Xは11番,裏の6番が起点Yです。

◆Xはミッキースピリット:エフェクトオンの組み合わせですが。エフェ《クト》オンに【イーマル語群】の《クト=グッド》があります。お仲間は15番ですが、よく見るとヒシヴィクトリーが強者のジャイアン,ルッジェーロ(吉田隼人)が弱者のスネオという構図です。そして、その二つの要素を引き受けているのがお隣り14番のヒラボクメルロー(吉田隼人)です。

◇気になるのは《アサマノイタズラ》ですが、《アサマ》が冠名ではないので、スライドは成立しません。

ヒラボクメルローとレッドベルオーブとが反応しあって、15番のグラティアスがラスボスになりました。

◇ルッジェーロの《ルッ》は《ルー=ルン》であり、ここにも【愛のエニグマ】の発動キーが存在します。

【愛の傘】はどこに開いているでしょうか?

◉以上のように【愛の傘】の中心は1番にあり、Xの答えは1番でしたが、初めに説明した通り、馬券圏外となりました。

 

◆起点Yはアポロビビ:アスティの組み合わせで、どちらも吉田豊です。一見お仲間がいなさそうですが、はアポロ(太陽)=サンライズ,アスティディバインの池添謙一の10番。

そしてよく見ると、10番の要素を11番が引き継いでいます。

ミッキースピリット(リイト)と13番のトップ・タ《イト》ルホルダーが手をつないで12番をホールドし、12番がラスボスになりました。そしてロードラズライトに【愛のエニグマ】発動のキーであるロー(ロウ=ロン)があります。

◇さらにここで注意しなければならないのは、《ワールド》の存在です。【愛の傘】の一翼は12番という柱の要素を全て備えていること・これが条件になります。そして、12番の双子の柱であり、【愛の傘】の一翼を担うという二つの条件を備えた柱は、4番でした。

12番のエレメンツを使い、そして4番を一翼とした【愛の傘】を探せばいいわけです。

◉一翼どころか、【愛の傘】のど真ん中に4番イルーシヴパンサーがいました。

そして、馬券になったのは裏のタイトルホルダー 2着でした。

 

★最後に、この週の3重賞における、わたくし 原蜜太の複勝1点勝負の顛末をご紹介しておきます。

まずは4月17日(土曜日)のアーリントンカップです。細かく説明はしませんが、高ポイントは14番のワールドバローズ。ワールドバローズ:ダノンランディが指し示しているのはレイモンドバローズ:ウラ(ンラ)エウスですが、私はワールドバローズ一本で勝負しました。結果は見事に裏をかかれ、レイモンドバローズが3着に入線。12番の複勝は560円でした。なぜ高ポイントのワールドバローズでなくレイモンドバローズだったのか?私の中で、ある程度の説明はついているものの、確信には至っておりません(この時点で-30,000円)。

.

翌日の皐月賞は1番アドマイヤハダルの複勝1点に50,000円。アドマイヤハダルがやる気のない走りを見せてくれたおかげで、ここも-50,000円.

そして阪神の第26回アンタレスステークスは14番ロードブレスに自信の複勝50,000円。

これが3着入線で15万円のリターンとなり、トータル13万円の投資に対してプラス2万円というショボイ結果でしたが、負けなかっただけ良しとするべきだろうと思っています。

 

 

第81回桜花賞 

第81回桜花賞

及び3重賞11-2の顛末

 

◎例によって暗号解読のための起点極めを行います。

 

■第81回です。18頭立ての81番目は9番ですから、起点Aは9番,裏の8番が起点Bです、

■キャッチコピーは24文字です。24番目にあたる6番が起点X,裏の13番が起点Yになります。

◆起点Aはリュヌルージュ:レッドシルヴァーナの組み合わせです。

《ルー》《ルヴ》と『ラ行のウ段』が重なっています。お仲間は7番ですが、よく見るとクレスコブレイブが強者のジャイアン,ベストアプローチがスネオという構図です。ベストアプローチの一歩前に友達がいるので8番にスキップします。

◎メイケイエールには、【施錠の暗号】である《ケイ=キー》があるのでスキップはここで止まります。

8番がラスボスです。そしてメロディー《レーン》は『ラ行のウ段』すなわち《ラヴ》とつながることにより、【愛のエニグマ】を発動させます。

※ここでメイケイ《エール=応援歌》,《メロディー》レーンに注目します。

16番ソングラインが【愛の傘】の一翼を担っていると見当がつきます。

 

【愛の傘】はどこに開いているでしょうか?

ご覧の通り、【愛の傘】は18番を中心に開いています。

◉Aの答えは18番サトノレイナスか1番のストライプです。スト《ライ》プとサトノ《レイ》ナスは、メロディー《レーン》の指示にしっかり答えて、ラインを形成しています。

 

◆起点Bは10番、タイセイモナーク:カフジキングの組み合わせ。そのクロスのお仲間は17番です。

ヴァイト=バイト=ビートと15番のルビー,ブリックと19番(1番)のストライプ=ストリープと反応しあっているので、ホールドは成立しません。

《ホウオウ=鳳凰》とヴァイ《トブ=飛ぶ》リックの重ね技により裏にワープします。

◎2番ファインルージュがスーパーボスになりました。

ワープしてスーパーボスになると、【愛のエニグマ】【KH】【重合】【クロス】のエニグマは発動せず、《アル・イル・サン》などや冠名の存在によって【アル・エニグマ】の出番になりますが、今回はその発動キーが見当たりません。普通に最終の答えを探しましょう。

◉Bの答えは4番ソダシか15番シゲルピンクルビーです。ソダシが優勝馬となりました。

 

近年も歴史的名牝が次々と誕生している注目の大一番=24文字です。

◆起点Xは6番。パスカヴィルとソングオブザハートの組み合わせですが。パスカ《ヴィ》ルに【カツ語群】のヴィがあります。お仲間は3番⇒17番⇒10番とトレッキングします。

◎アールドヴィーブルの10番がラスボスです。ホールドの要素も、スライドも、ワープの要素もありません。

そして、『アール』ドヴィーブルに注目しましょう。《アール=アル》は中国語の2。

二通りの答えがあることを示唆しています。

それでは、10番が指し示す二つの答えは?

◎モナーク:キングにホウ《オウ》が応答しています。

 

◉最初の答えは17番か2番。実は2番ファインルージュも10番に応答しているのですが、ちょっと弱い気がします。

 

◎カフジキ《ング》とシゲルピ《ンク》。5文字~6文字目の一致です。

 

◉Xの答えは17番か2番。そして15番か4番ということになりました。

 

◆起点Yは13番。ウインフォルティス:ヴィーヴァバッカスの組み合わせですが、どちらも馬名の頭に【カツ語群】の《ウイン》《ヴィー》を持っています。頭に【カツ語群】をもつ馬をまず探しましょう・

5番《ヒー》トオンビートがいました。ここにはジャイアンとスネオの関係が見られます。

5番⇒6番⇒7番とスキップし、ステージが替わったので、ここでスキップは終了です。

そしてベスト《アプ》ローチが9番エンスージ《アム》と手をつないで8番をホールドしています。

◉Aのラスボスと同じ地点に来ました。答えもAと同じ、18番か1番です。

 

 

今回も桜花賞を含む土日の3重賞について、11-2ボンバーによる複勝1点勝負に挑戦しました。

その悲惨と栄光の顛末をご紹介しておきます。

 

◉まずは4月10日の第39回ニュージーランドトロフィーです。

○ここではシティレインボウタイムトゥヘヴンが対面関係にあり、レイン《ボウ》はカフェ《ファン》タストと共鳴関係にあります(ポイント2)。しかもお隣り1番のトーセンウォーリアと3番のアヴェラーレが2番をサンドイッチし(ポイント1)、そのトーセンウォーリアはまた第2レースの3番ロイヤダンスとの間で2番を遠隔ホールドしています(ポイント1)。合計4ポイントの2番シティレインボーがよさそうです。しかし私は2番とクロス状態で一致している、7番サトノブラーヴが気になって、散々迷った挙句、7番の複勝にしました。結果はシティレインボーが3着に入り、地団太を踏む結果になりました。

 

 

なぜサトノブラーヴではなく、シティレインボーでよかったのか?説明はまだできていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◉次は阪神牝馬ステークス。

○ここでは3番ブランノワールがポイントを稼いでいます。

2Rの3番アスターブランコと10番メモリーエアシップ(アシップ⇒アシウ⇒アス)が対面関係にあり(ポイント1)、ブランノワールとブランコで共鳴関係にあります(ポイント1)。

2番のギル《テッ》ドミラーと2R4番のインテグラルシ《チー》,4番のマジック《キャッ》スルと2R2番のサンライズアイ《ガー》がともに3番をたすき掛けしてポイント2、合計4ポイントです。

そこで、私は3番ブランノワールの複勝を1点買いしたわけですが、裏にガチ人気のデゼルがいたので、いやな予感がしました。結果はデゼルが優勝(複勝140円)3番ブランノワールはなんと最下位という結果でした。

 

 

何故、ブランノワールの真裏にいたデゼルだったのか?

★人気などには関係なく、ちゃんと理由があるはずです。1番人気でもあっさり飛んでしまうのが競馬ですから。その理由は現在検証中です(おおよそアタリはついています)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◉最後に桜花賞。

○ここはファインルージュの2番にポイントが集中しました。ワンダーイデアの対面関係と、フ《ァイ》ンルージュとワンダ《ーイ=アイ》デアの共鳴関係(ポイント2)。さらに1番はスト《ライプ=リーン》と《レオン=ローン》という『ラ行のウ段』で共鳴し、3番はともに高橋祥泰厩舎(ポイント2)、さらにファ《インルー》ジュは1番ストラ《イプ》および3番ブ《ルー》バードとつながり(ポイント1)、ブ《ルー》バードは1番のバリエンテ《レオン》と手をつなぎ合って2番をホールドしています。合計6PTです。私は割合に自信をもって2番ファインルージュの複勝を1点買いしました。とはいえ、前日の失敗があったので一抹の疑念はあったのですが、結果はちゃんと3着に残ってくれました。

 

 

■思うに、『ファインルージュの3着以内』は関係者《特に騎手》すべての了解事項だったのであって、アカイトリノムスメ以下がファインルージュを競り落とすなどということはあってはならないことだったのではないでしょうか?そう思えてならないのですが!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土日二日間の収支は以下の通りです。

 

 

EPSON MFP image

第65回大阪杯 グランアレグリアが飛んだ理由

第65回大阪杯

グランアレグリアが飛んだ理由

◉第65回です。13頭立ての65番目は13番なので、起点Aは13番,裏の1番が起点Bです。

早速起点Aから攻めていきましょう。

◆13番はデルマカトリーナ:ターゲリートの組み合わせ。デルマカトリーナに【カツ語群】の《カト》があります。

【カツ語群】とターゲリートのエレメンツを持つお仲間は11番です。【ボイーン(母音引)の原則】により、ビアイ⇒バイ⇒ビーですから《ビアイ》は【カツ語群】と考えることができます。ターグリートはターゲリイトと読み替えることができるので、11番の3rd サンライズナイトに対応します。

◎よく見ると、デルマカトリーナ+ターゲリートの二つの馬名要素を持っているのがサンライズナイト(ジャイアン),ビアイは弱者のスネオという構図です。ビアイ(【ボイーン(母音引)の原則】により、バーイと読み替え)に対応する《ファー》ストフォリオがお隣に居るので12番にスキップします。

《ファー》ストフォリオとカミノコ(森秀行)はどちらも、Xの本家である11番《ハッ》ピーグリン(森秀行)のエレメンツを持っています。

すなわち、【重合エニグマ】です。Xの本籍地である11番を材料にして【愛のエニグマ】が発動されます。

【愛の傘】の中心は8番レイパパレです。

◉Aの解読結果は8番か裏の6番、さらに間に挟まれた7番ということになります。

レイパパレが優勝。7番コントレイルが3着に入線しました。

 

◆起点Bは1番。メイショウミモザ:ハルサカエの組み合わせですが、ハル《サカエ=栄》は【カツ語群】なので【カツ語群】+メイショウミモザの組み合わせを持つお仲間を探すことになります。お仲間はサウンドカナロア:サダムスキャットの9番。

サウンドはサンンド⇒〔作業のウ段〕,メイショウのショウはソウ⇒〔作業のウ段〕で一致し、サダムスキャットの《キャッ》はカーと読み替えることが出来るので、【カツ語群】です。よく見るとサウンドカナロア(岩田望来)がメイショウミモザとハルサカエ(岩田望来)の二つのエレメンツを独占しているので強者のジャイアン,そのお隣りにサヴォワールエメが配されているので、そちらにスキップします。

そのサヴォワールエメはさらに11番の3rd《サン》ライズナイトにスキップ?????いいや10番で停まります。

◎10番のトップはカデナ。カデナは「南京錠」なので、【施錠の暗号】です。

ところがサヴォワールエメはXの本籍地ハッピーグリンの団野大成騎手と同一であり、《リュウ》ノゾロはハッピーグ《リン》と同じ(【フ=ユ=ム=ウ=ンの原則】)もので、馬名の文字数は違いますが先頭と末尾に位置している・すなわち露出しているという意味でこれもXであると考えることができます。つまり【Xの重合エニグマ】なのです。

 

結局・Bの答えはAと同じ。⑥⑦⑧?????ですが、リュウノゾロの存在が気になります。《ゾロ》とはW、すなわち二つの答えがあるということ、ならばもうひとつの【愛の傘】を探してみましょう。

 

◎レイパパレのようにいい形ではありませんが、その【愛の傘】は13番アドマイヤビルゴおよび14番(1番)モズベッロを中心に開いていました。まさに《ゾロ》であったわけです。

◉Bの正解は⑥,⑦,⑧に加え①,⑬でした。

※カデナの2nd  サヴォワールエメは〔愛するということ〕,リュウノゾロのリュウは『ラ行のウ段』すなわち『ラヴ』と通じることから11番を材料とした【愛のエニグマ】発動と考えるのが本筋と言えますが、カデナの柱を材料にした【愛の傘】は見つかりませんでした。

 

◎”春の中距離路線の大一番”11文字なので、起点Xは11番,裏の3番が起点Yとなります。

◆起点Xは11番。ビアイ:サンライズナイトの組み合わせ。ビアイはバイ=ビーですから【カツ語群】です。そのクロスのお仲間は9番にいますが、よく見るとダムスキャッがビアイ【カツ語群】とンライズナイのエレメンツを併せ持っているので強者のジャイアン,サウンドカナロアはスネオという構図です。そして弱者のスネオであるサウンドカナロアの友達がお隣りの10番に寄り添っており、またもや【施錠の暗号】カデナです。

◉その後の展開はBと同じ。従ってXの正解もBと同じく⑥,⑦,⑧または①,⑬になります。

 

◆起点Yは3番。ダノンジャスティス:コカボムクイーンですが、ジャスティスは〔正義〕 コカボムには《ボム》《イー》と【イー・マル語群】です。お仲間は【イー・マル語群】同士の組み合わせ 5番のグッドマックス:グトルフォスですが、さらにそのお仲間が6番にいます。クーファウェネスとオースミカテドラルの組み合わせです。そしてよく見るとクーファウエネスが4番のブラヴァスと手をつなぎ、5番をホールドしています。5番がラスボスです。

◎そしてグトルフォスには《ルフ=ルン》という【愛のエニグマ】発動のキーがあります。

【愛の傘】を探さねばなりませんが、それには条件があります。

トップのペルシアンナイトにはフランス語で1を表す《アン》があるのです。【愛の傘】の一翼には5番のすべてのエレメンツを持った柱を選びなさい・という指令が発せられています。

ペルシアンナイト:グッドマックス:グトルフォスの3頭のエレメンツを持った柱が2か所にあります。まずは6番。そして2番です

そのうち5番を一翼に持った【愛の傘】は見当たりません。

2番を一翼に持った【愛の傘】の中心は13番です。

◉Yの答えは13番アドマイヤビルゴか1番モズベッロということになり、モズベッロがコントレイルを抑えて2着に食い込みました。

※5番の柱を使った【愛の傘】の中心にグランアレグリアがいないわけではありませんが、2番サリオスの柱を一翼に持っていないという理由で、そもそも馬券対象からは除外されていたというべきでしょう。

★いつでもそうですが、A・B・X・Y すべての暗号を読み違えなく完全解読することは、至難の業です。

私自身いつもどこかで躓いています。『いつかは』と思っていますが、それがいつになることやら解りません。ひょっとしたらいつまでたっても《その時》が来ることはないのかもしれません。

◉馬券に手を出すのなら、そして当たり馬券が欲しいのなら、何度か紹介している11-2ボンバーを使った複勝馬券一点勝負が、まだまだ可能性が高いでしょう。

細かく説明はしませんが4月3日のダービー卿では2番のボンセルヴィーソ 220円を30,000円分ゲット,そして大阪杯ではレイパパレ230円を50,000円分ゲットしました。

前の週の高松宮記念でもダノンスマッシュ 210円を30,000円分ゲットしたので複勝一点勝負 3連勝です。

★しかし、11-2ボンバーもまだまだ道半ばです。調子に乗らず慎重に進めていきたいと思っております。