記事一覧

第65回大阪杯 グランアレグリアが飛んだ理由

第65回大阪杯

グランアレグリアが飛んだ理由

◉第65回です。13頭立ての65番目は13番なので、起点Aは13番,裏の1番が起点Bです。

早速起点Aから攻めていきましょう。

◆13番はデルマカトリーナ:ターゲリートの組み合わせ。デルマカトリーナに【カツ語群】の《カト》があります。

【カツ語群】とターゲリートのエレメンツを持つお仲間は11番です。【ボイーン(母音引)の原則】により、ビアイ⇒バイ⇒ビーですから《ビアイ》は【カツ語群】と考えることができます。ターグリートはターゲリイトと読み替えることができるので、11番の3rd サンライズナイトに対応します。

◎よく見ると、デルマカトリーナ+ターゲリートの二つの馬名要素を持っているのがサンライズナイト(ジャイアン),ビアイは弱者のスネオという構図です。ビアイ(【ボイーン(母音引)の原則】により、バーイと読み替え)に対応する《ファー》ストフォリオがお隣に居るので12番にスキップします。

《ファー》ストフォリオとカミノコ(森秀行)はどちらも、Xの本家である11番《ハッ》ピーグリン(森秀行)のエレメンツを持っています。

すなわち、【重合エニグマ】です。Xの本籍地である11番を材料にして【愛のエニグマ】が発動されます。

【愛の傘】の中心は8番レイパパレです。

◉Aの解読結果は8番か裏の6番、さらに間に挟まれた7番ということになります。

レイパパレが優勝。7番コントレイルが3着に入線しました。

 

◆起点Bは1番。メイショウミモザ:ハルサカエの組み合わせですが、ハル《サカエ=栄》は【カツ語群】なので【カツ語群】+メイショウミモザの組み合わせを持つお仲間を探すことになります。お仲間はサウンドカナロア:サダムスキャットの9番。

サウンドはサンンド⇒〔作業のウ段〕,メイショウのショウはソウ⇒〔作業のウ段〕で一致し、サダムスキャットの《キャッ》はカーと読み替えることが出来るので、【カツ語群】です。よく見るとサウンドカナロア(岩田望来)がメイショウミモザとハルサカエ(岩田望来)の二つのエレメンツを独占しているので強者のジャイアン,そのお隣りにサヴォワールエメが配されているので、そちらにスキップします。

そのサヴォワールエメはさらに11番の3rd《サン》ライズナイトにスキップ?????いいや10番で停まります。

◎10番のトップはカデナ。カデナは「南京錠」なので、【施錠の暗号】です。

ところがサヴォワールエメはXの本籍地ハッピーグリンの団野大成騎手と同一であり、《リュウ》ノゾロはハッピーグ《リン》と同じ(【フ=ユ=ム=ウ=ンの原則】)もので、馬名の文字数は違いますが先頭と末尾に位置している・すなわち露出しているという意味でこれもXであると考えることができます。つまり【Xの重合エニグマ】なのです。

 

結局・Bの答えはAと同じ。⑥⑦⑧?????ですが、リュウノゾロの存在が気になります。《ゾロ》とはW、すなわち二つの答えがあるということ、ならばもうひとつの【愛の傘】を探してみましょう。

 

◎レイパパレのようにいい形ではありませんが、その【愛の傘】は13番アドマイヤビルゴおよび14番(1番)モズベッロを中心に開いていました。まさに《ゾロ》であったわけです。

◉Bの正解は⑥,⑦,⑧に加え①,⑬でした。

※カデナの2nd  サヴォワールエメは〔愛するということ〕,リュウノゾロのリュウは『ラ行のウ段』すなわち『ラヴ』と通じることから11番を材料とした【愛のエニグマ】発動と考えるのが本筋と言えますが、カデナの柱を材料にした【愛の傘】は見つかりませんでした。

 

◎”春の中距離路線の大一番”11文字なので、起点Xは11番,裏の3番が起点Yとなります。

◆起点Xは11番。ビアイ:サンライズナイトの組み合わせ。ビアイはバイ=ビーですから【カツ語群】です。そのクロスのお仲間は9番にいますが、よく見るとダムスキャッがビアイ【カツ語群】とンライズナイのエレメンツを併せ持っているので強者のジャイアン,サウンドカナロアはスネオという構図です。そして弱者のスネオであるサウンドカナロアの友達がお隣りの10番に寄り添っており、またもや【施錠の暗号】カデナです。

◉その後の展開はBと同じ。従ってXの正解もBと同じく⑥,⑦,⑧または①,⑬になります。

 

◆起点Yは3番。ダノンジャスティス:コカボムクイーンですが、ジャスティスは〔正義〕 コカボムには《ボム》《イー》と【イー・マル語群】です。お仲間は【イー・マル語群】同士の組み合わせ 5番のグッドマックス:グトルフォスですが、さらにそのお仲間が6番にいます。クーファウェネスとオースミカテドラルの組み合わせです。そしてよく見るとクーファウエネスが4番のブラヴァスと手をつなぎ、5番をホールドしています。5番がラスボスです。

◎そしてグトルフォスには《ルフ=ルン》という【愛のエニグマ】発動のキーがあります。

【愛の傘】を探さねばなりませんが、それには条件があります。

トップのペルシアンナイトにはフランス語で1を表す《アン》があるのです。【愛の傘】の一翼には5番のすべてのエレメンツを持った柱を選びなさい・という指令が発せられています。

ペルシアンナイト:グッドマックス:グトルフォスの3頭のエレメンツを持った柱が2か所にあります。まずは6番。そして2番です

そのうち5番を一翼に持った【愛の傘】は見当たりません。

2番を一翼に持った【愛の傘】の中心は13番です。

◉Yの答えは13番アドマイヤビルゴか1番モズベッロということになり、モズベッロがコントレイルを抑えて2着に食い込みました。

※5番の柱を使った【愛の傘】の中心にグランアレグリアがいないわけではありませんが、2番サリオスの柱を一翼に持っていないという理由で、そもそも馬券対象からは除外されていたというべきでしょう。

★いつでもそうですが、A・B・X・Y すべての暗号を読み違えなく完全解読することは、至難の業です。

私自身いつもどこかで躓いています。『いつかは』と思っていますが、それがいつになることやら解りません。ひょっとしたらいつまでたっても《その時》が来ることはないのかもしれません。

◉馬券に手を出すのなら、そして当たり馬券が欲しいのなら、何度か紹介している11-2ボンバーを使った複勝馬券一点勝負が、まだまだ可能性が高いでしょう。

細かく説明はしませんが4月3日のダービー卿では2番のボンセルヴィーソ 220円を30,000円分ゲット,そして大阪杯ではレイパパレ230円を50,000円分ゲットしました。

前の週の高松宮記念でもダノンスマッシュ 210円を30,000円分ゲットしたので複勝一点勝負 3連勝です。

★しかし、11-2ボンバーもまだまだ道半ばです。調子に乗らず慎重に進めていきたいと思っております。