記事一覧

第38回フェブラリーステークス ワイドってなんだ?

第38回フェブラリーステークス

《ワイド》ってなんだ?

 

第38回です。16頭立ての38番目は6なので、起点Aは6番,裏6番の11番が起点Bです。

“春のダート王者決定戦”10文字なので、10番が起点X,裏10番の7番が起点Yになります。

◆起点Aは6番です。

ジョイウインには【イー・マル語群】の《ヨイ》と【カツ語群】の《ウイン》があります。

【カツ】>【イー・マル】なので、【カツ語群】と《パラスアテナ》のエレメンツを持つ組み合わせを探します。クロスのお仲間が4番にいます。

ソッカーの《カー》は《カツ》で、パラスアテナをパラサーテナと読み替えれば、ビリジアンはビリザーンと読みかえ可能ななので、クロス状態のお仲間であることが分かります。

トータルソッカーの騎手が6番のトップにも騎乗しています。ホールドにより、5番がラスボス。

5番にはサクセス《エナジー》:サペラ《ヴィ》:アストロ《ブレイク》と【カツ語群】に満たされており、

右には《ヘリオス・太陽》左には《アルクトス・北斗七星》と天体でサンドイッチされています。

5番が一見 自己肯定の枠に思われますが、3枠5番を意味するワードがないので、不成立です。

※サクセスは【施錠の暗号】かもしれません。

◉サペラヴィに【愛のエニグマ】発動のキーである《ラヴ》があります。

【愛の傘】を探しましょう。

 

◉お分かりでしょうか?《サ》クセスエナジ《ー》を《サ》クセスエナジ《イ》と読み替えれば【ボイーン(母音引)の原則】により『サ・イ』⇒『シ・イ』となります。

《ス》マートダンデ《ィー》も同じです。『サ行』の『イ段』すなわち『シ・イ』となり、同じものであることが分かります。

◎サペラヴィはカーロバンビーナに応答し、アストロ《ブレイ》クはサ《ンライ》ズノヴァに応答します。

◉設問Aの正解は10番エアスピネルか7番ワーダーリーデルです。どちらも馬券になりました。

 

◆起点Bは11番。グレンガリー:プリマジアの組み合わせですが、《グレン》=《グラン》なので、【カツ語群】と考えられます。そして《プリマジア》とは〔優位性〕という意味を持つ馬名なので、『優れる』=【カツ語群】に属しています。【カツ語群】同士の組み合わせのお仲間を探しましょう。

◎お仲間はすぐお隣り・10番にいます。《カー》ロバン《ビー》ナとモリト《ユウブ=勇武》ですからね。

10番にはスライドが成立します。

ご覧の通り、エアに応答するカーロとモリトの存在により、右へ2頭分戻ります。

8番がラスボスです。

が指定する最終解答は何番でしょうか?

○トップ=トップの原則から考えると、3番カフェファラオではありますが、セカンドチャートおよびサードチャートのエレメンツは3番を示していません。

※ここは『ワイド』をどう解釈するかです。

ワイド=『対面する馬番』と考えると、疑問が氷解します。

ご覧のように、対面する馬番のトップに8番のエレメンツが配置されています。

 

 

◉Bの設問に対する答えは3番か14番。3番カフェファラオが優勝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆起点Xは10番。カーロバンビーナ:モリトユウブの組み合わせ。【カツ語群】同士です・

そして、すぐ隣の11番に【カツ語群】同士のお仲間がいます。

ところで、《グレンガリー》とは『帽子』なので装身具で、いわば飾り物。「右へ⇒1」の暗喩を持っています。スライドが成立します。

上の通り、スマートに応答するグレンガリー:プリの存在により、内側へ2頭分スライドします。

9番がラスボスになりました。

◉Xの最終解答は7番。7番が3着,裏の10番が2着です。

 

◆起点Yは7番。スリー《マキシマム》も《ウォリアー》・戦士も、ともに【カツ語群】なので、【カツ語群】同士の組み合わせがお仲間です。一番近い【カツ語群】同士の組み合わせは、5番。

 

これはAと同じ展開です。

◉設問Yの正解はAと同じ、10番か7番でした。

まとめますと

◎Aの答えは10番か7番。10番エアスピネルが2着,7番ワンダーリーデルが3着です。

◎Bの答えは3番か14番。3番カフェファラオが優勝しました。

◎Xの答えは7番か10番。結果的にはAと同じです。

◎Yの答えはXと同じ。

 

★ところで、フェブラリーSの11-2ボンバーはどうなっているでしょうか?

11-2ポイントは8番。メインにワイドファラオ,2Rの8番にはハワイトハウスがあります。

しかし、8番は馬券にならず、3番を示唆する結果になりました。

 

 

ワイドファラオに対するカフェファラオ, ホワイトハウスに対するサムライブレード

※『ホワイ!?』という結果であります。

 

第114回京都記念 ラヴズオンリーユーが隠し持つ暗号

第114回京都記念

ラヴズオンリーユーが隠し持つ暗号・その他

 

◉2月14日に阪神競馬場で行われた 第114回京都記念。興味深い暗号のオンパレードでした。

 

◆起点Aは4番。アルコレーヌ:メイショウマサヒメの組み合わせです。

◇メイショウマサヒメの《マサ》は【イー・マル語群】です。しかし、《アルコレーヌ》という馬名をJRAのホームページで調べると、アルコは弓,レーヌは女王となっています。

『弓』は武器なので、スパーダ『剣』やフレッチァ『矢』と同じく、バトル系の【カツ語群】に属します。

○起点暗号の強弱順位は【カツ】>【ハッピー】>【イー・マル】ですから。ここは【カツ語群】とメイショウマサヒメ(の属性)を持つお仲間を探すことになります。

★すぐ隣の5番にライト《ウォーリア・岩田望来》とドラセナ(奥村豊)の組み合わせがあり、『お隣りのアドバンテージ』により、これがお仲間か?と思わせますが、カタカナ(馬名)優先の原則により、クロスのお仲間 9番を採るべきです。ルビーの〔ビー〕は〔ヴイ〕であり【カツ語群】、相方のマイネルカイノンのマイは【ボイーン(母音引)の原則】により《メイ》ショウマサヒメに応答します。

◎さて、9番の柱を注視すると、『スライド』が成立することが分かります。

《ダン》及び《ライト》の発する指令に、《マイネル》《カイノン》《シゲル》が応答し、上の通り3頭分内へスライドすれば、6番にたどりつきます。

ここで、ジェミニズ(ふたご座)・ゾロ(ぞろ目)が意味を持ってきます。

答えは二つあるよ・という意味です。

◎その一つは4番です。

もうひとつは9番です。

◉Aの最終解答は4番ラヴズオンリーユーか8番モズベッロ。4番が優勝馬になりました。

◉そしてもう一組9番ダンビュライトか3番ベストアプローチ。ダンビュライトが3着に入線しました。

 

◆起点Bは8番。ツブラナヒトミ:ルモンドの組み合わせですが、【イー・マル語群】の《マル》につながる《ツブラ》は,

これも【イー・マル語群】に属すると考えていいでしょう。

ここで、《オンリーユー》または《オンリー》に注目しましょう。どうやら【施錠の暗号】です。

そこに気付かなければ、第114回京都記念の解読に成功することはできないということになります。

○4番が指し示す場所は2番

もうひとつ4番が指し示す最終解答らしき場所があります。お隣りの5番です。

◉ここで、メイショウの《ショウ》が意味を持ってきます。

◇ショウはソウ(沿う)。隣に私(メイショウマサヒメ)の仲間がいるよ・という暗号です。

◇《ヒメ》は秘め。隠れた意味(暗喩)のことです。メイショウマサヒメが隠し持っている意味を読み取らなければいけません。

ここは、ベストアプローチが隣に寄り沿って、2番のステイフーリッシュを支持していたと考えられます。

◉Bの最終解答は2番。2番ステイフーリッシュが2着でした。

 

“27年ぶりに阪神で行われる伝統の一戦”18文字なので、起点Xは7番。裏の5番が起点Yです。

◆起点Xはスペクター:テイエムギフテッドの組み合わせですが、スペクターとは〔恐ろしい存在〕という意味なので、【カツ語群】と考えることができます。すると、【カツ語群】と《テイエムギフテッド》のエレメンツを備える柱を探すことになりますが、5番のライトウォリアーがその二つのエレメンツを一身に集めた存在で、いわば強者のジャイアンです。そしてその身近な友達が4番にいます。

またもやラヴズオンリーユーです。

やはりラヴズオンリーユーにたどりつき、後の展開はBと同じです。

◉Xの最終解答は2番です。

 

◆起点Yは5番。ライトウォーリアとドラセナの組み合わせです。

ライトウォーリアには【カツ語群】の《ウォーリア=戦士》があります。お隣りのアルコレーヌ(奥村豊)がエレメンツを独占し、メイショウマサヒメが弱者のスネオですが、メイショウマサヒメは3番テンテキセンセキと友達関係にあります。

ショウ=ソウ=スン,セン=セウ=スウ=スン 【フ=ユ=ム=ウ=ンの原則】と【ボイーン(母音引)の原則】を組み合わせれば、同じものであることが分かります。

3番を分析してみましょう。

フーリッシュとオンリーユーにサンドされた《ベスト》アプローチ。セカンドには3枠の色である《シュ》があり、サードにはセン=サン(3)があり、この柱は【俺で決まり!】と強烈に自己肯定しています。

 

Yの最終解答は3番です。裏の9番《ダンビュライト》が3着でした。

 

まとめますと

◉Aの最終解答は4番か8番。4番ラヴズオンリーユーが優勝

もうひとつ3番か9番。9番ダンビュライトが3着

◉Bの最終解答は2番または10番。2番ステイフーリッシュが2着

◉Xの最終解答も2番または10番

◉Yの最終解答は3番または9番。9番ダンビュライトが3着。

 

★最後に京都記念の11-2ボンバーを紹介しましょう。

5番のダンスディライトと、裏5番である9番のダンビュライトが対面し、ダンスディライトは2Rのテーオーアングルと共鳴し、ダンビュライトは同じく2Rのサンライズヘリオスと共鳴しています。

ところが、ダンビュライトは2Rの11番ダンツタイフーンと、そして11番サトノルークス(幸英明)が2Rの9番サンライズヘリオス(幸英明)とで10番ジナンボーをホールドしています。しかし、ジナンボーは馬券になっていません。

何故でしょうか?

◎ジナンボーの《ナン》は《ノン=否定》であり、サムライスピアーの《ライ=嘘》との合わせ技で、自己を否定しています。

そして、自己を否定したジナンボーンブー)がダンビュ(ンブ)ライトを、サムライスピアーがサンライズヘリオスを示唆しているので

、最終的に【11-2ボンバー】は、9番ダンビュライトを京都記念の馬券中心として指名していたのだと考えることができるのです。

これは11-2ポイントの表裏(ケースAB),およびその左右(ケースC)に当てはまらない、ケースDということができます。〔結果的にはお隣りになってしまいましたが〕。

◎その結果、第114回京都記念は、9番ダンビュライト×②または⑩,④または8番ということになり、3番がらみの馬券は考えなくていい

ということになるのです。

一月競馬の11-2ボンバー 8連発!

1月競馬の11-2ボンバー 8連発!

 

◆中央競馬の1月場所が終了しました。

1月5日の東西金杯から28日の根岸,シルクロード両ステークスまで、ひと月に行われた重賞は全部で11競走。そのうちの8重賞について、私のいわゆる『11-2ボンバー』がどのように発動したかを見て行きましょう

『11-2ボンバー』が発動するポイントは、基本的に 対面×共鳴 という構図を持つ場所です。

言葉で説明するよりも、チャートで示した方が分かりやすいので、シンザン記念(1月10日)と同日の中京第2レースを図示します。

◎3番と、裏の3番に当たる13番を見てみると《ルー》クズネストと《ロー》ドマックスで対面しています。(【ボイーン(母音引の原則】により、ロー⇒ロウ⇒ルウ⇒ルーと読み替えることにより、同じものであることが納得できます。)

 

 

◎そして第2Rの3番にはテーオーシ《リウ》スが配置されていますが、これもリウ⇒ルウ⇒ルーと読み替えを重ねることにより、ルークズネストと共鳴していることが理解できます。

さらにその3番はメインの4番カスティーリャと2Rの2番ウエスタンスパーダの騎手『松山弘平』にホールドされています・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◉また、とても大事なことですがテーオーシリウスの《シリウス》は恒星の名前です。

※星・月・太陽など『空』にあるものを示すワード

※フライト・ウイング(翼)・など『飛ぶ』に繋がるワード

※石(宝石)・鉱物・通貨(エン・ドル・マルクなど)を意味するワード

は馬券参加馬を教えてくれる重要なファクターのようです。

これらには当然 強弱の関係があるものと思われますが、まだそこまではつかみ切れていません。

◉3番ルークズネストは2着でした。13番ロードマックスではなくルークズネストが馬券になるよ と教えてくれていました。

 

★対面と共鳴が重なった場所(11-2ポイント)が、ストレートに馬券参加馬となるケースを仮に〔タイプA〕としますと、そのポイントの真裏が馬券になるケース〔タイプB〕もあります。

中山金杯がそのケースです。

◎中山金杯の3番ココロノトウダイと裏3番のダーリントンホールが、まず《トウ》《トン》で対面しています。(いつも強調している通り、【フ=ユ=ム=ウ=ンの原則】です)

そしてその15番は同日第2Rの15番トーヨーヒョウとも《トン》《トー》で響きあっています。

従って15番が表の『11-2ポイント』ということができます。

 

 

3番をよく見てみると《マイネル》にホールドされており、さらに2枠を意味するココロノ《トウ》ダイと,3番を意味するアナ《ザーヴ》=《サン》ィータの組み合わせにより、2枠3番間違いないよ と教えているようです。

ザーヴ=サンでサンは太陽。恒星の親玉でもありますね。

ココロノトウダイ 2着でした。

 

※ダーリントンホールと17番(1番)ノーリスにホールドされた16番ウインイクシードが3着ですが、ロン《グラン》の存在により、こちらの可能性もあります。

その場合は〔タイプC〕ということになります。

 

 

 

◉『11-2ポイント』が直接に馬券参加馬を教えてくれるケースを仮に〔タイプA〕〔タイプB〕としますと、もうひとつ、ポイントの右か左のどちらかを教えるケースがあります。これを〔タイプC〕と名付けます。

京都金杯がその〔タイプC〕です。

このレースでは5番メイケイダイハードと12番ラセットが対面関係にあり、5番は2Rサウンドハーヴィーと共鳴関係にあります。さらにまた12番ラセットは2R12番ニシノレガシーと共鳴しています。

 

 

5番をよく見てみると、④ピースワンパラディと⑥キンバ,⑥レッドアネモスと④ビップレックスでWホールドされていて、一見『タイプA』に見えますが、実はお隣りの4番をもWホールドしており、さらにピースワン=ビップという共鳴関係を構成しているピースワンパラディが2着でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◉タイプAが成立している重賞は、シンザン記念のほかには

愛知杯・京成杯・AJC杯・東海ステークスがあり、合計で5つあります。

◉タイプBの重賞は中山金杯のほかには根岸ステークスが挙げられます。

◉タイプCの重賞は京都金杯のほかに

フェアリーS・日経新春杯・シルクロードSが挙げられます。

※実はこの3つのタイプのほかに、ポイントの表裏でも、左右でもなく、まったく別の場所を教えるケースがありますが、一月競馬では出現していないので、今回は取り上げません。

 

それでは、その他の『タイプA』について、愛知杯・AJC杯・東海ステークスの順で紹介してみましょう。

このレースは特に詳しく説明するまでもないでしょう。ランブリングアレーの馬券参加が支持されていることが一目でわかるはずです。

◉AJC杯では、対面関係を構成しているのは2レースの4番と14番で、4番のロイヤルブライドがメインのヴェルトライゼンテと共鳴しています。

 

 

ここではヴェルトライゼンテ、ロイヤルブライドともに

『嘘』を意味する《ライ》があり、違う場所を探さなければならないのかと思わせましたが、そのまま当たりでした。

何故でしょうか?

ブライドをフライトと読み替えれば、『飛行』であり、ヴェルトライゼンテを強く支持していたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

次は東海ステークスです。

4番のタイキフェルヴールと12番のアナザートゥルースが対面関係にあり、4番,12番ともに2Rとの間で共鳴関係にもあります

 

 

4番はコマビショウと2Rのメイショウとでホールドされており、12番は幸英明騎手でホールドされています。

 

そして、ここでも《スペースフライト》がアナザートゥルースを強力に支持していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

『タイプB』のもうひとつは根岸ステークスです。

ここでは1番と16番が対面関係にあり、ステルヴィオが2Rのショスタコーヴィチと共鳴関係にあるので、ステルヴィオが買いかな、と思わせていますが、馬券になったのは1番のワンダーリーデルでした。

 

 

何故でしょうか?

1枠1番(ワン)ダーリーデルだから?それもあるかもしれませんが、どうやら タイプチョウ《サン》が決め手のようです。

サンは太陽。中山金杯のアナザーヴィータでも説明したように『星』の親玉ですからね。

さらに言えば《タイ》=大の存在。

ダイ・グレート・グラン・メジャーもまた裏の第2レースにあって、メインの馬券参加馬を強力に支持しているように思えます。

 

 

 

 

『タイプC』ではシルクロードSを紹介します。

このレースでは5番と14番が対面関係にありますが、2Rとの共鳴関係はありません。

よく見ると5番のラヴィングアンサーは幸英明騎手と太宰啓介騎手にWでホールドされており、しかも《ゴールデン》プルーフに支持されているように見えます。

 

 

しかし、馬券になったのは裏14番の右隣

シヴァージでした。

シヴ『ァー』ジは岩田康誠騎手にホールドされており、ウエーブメジ『ャー』とも共鳴関係にあります。

またトゥ「ラヴ」ェスーラと12番の「ラウ」ダシオンとにサンドイッチされています。

しかし、最後の決め手は《ウエーブメジャー》でしょう。

ウエーブ=ウエーンと読み替えれば(フ=ユ=ム=ウ=ンの原則です)、日本の通貨である【円】が隠れています。

そして根岸ステークスにおける《タイ》プチョウサンとおなじく《メジャー》もまたシヴァージの馬券参加(一着)を強力に支持していたのでしょう。

 

 

いかがでしょう?11-2ボンバーと私が名付けたこの仕掛け。解明にはいまだ道半ばであり、また馬券参加馬のすべてを教えてくれるわけではないものの、完璧に読み切ることが出来れば、《表か裏か》ではなく軸になるただ1頭を教えてくれるという意味で,とてもありがたい仕掛けではないでしょうか?

ただし、読み間違えればとんでもない場所に連れていかれることは、私が追及している『前後レース』暗号解読法と変わりありません。