記事一覧

第81回菊花賞 三つの暗号

第81回菊花賞

アーサー・キー・アス 三つの暗号

 

◉第81回です。=MOD(81,18)というエクセル関数で得られる答えは9なので、起点Aは9番 裏の10番が起点Bとなります。

■“新興勢力の台頭が目立つ3歳クラシックの最終関門”23文字なので(=lenというエクセル関数を使えば簡単に答えが得られます)起点Xは5番,裏の14番が起点Yです。

『キー』は施錠の暗号!

◆早速、起点Aから攻めていきましょう。アカネサス:ブルーメンクローネという組み合わせですが、この2頭のエレメンツを含んだお仲間は見当たりません。

しかし、アカネサス(坂井瑠星)がブルーの4枠8番に存在します。

そのお仲間は、まず16番,そして14番です。

◎14番をよく見てみると、ヴァ=ファー=パーと、バー(パー)と読めるエレメンツに満たされて居ます。

※バー(パーまたはハー)を《トップに》探しましょう。すぐ隣にロバートソンキーが配されています。

『キー』はカデナ(南京錠),ロックなどと同じ、【施錠】の暗号です。マイネルラックが15番ブラックホールと応答して、ヴァルコスの14番をホールドしているように見えますが、ロバートソンキーがそれを阻んでいます。右にも左にも、裏にも移動を禁止する『ここでものを考えよ』というサインです。

■ロバートソンキーの13番を見ると、ショウナンアリアナに起点Bの戸崎圭太が,そしてマイネルラックには同じ起点Bのサトノフラッグに応答する《ラック》があります。

これは【重合エニグマ】の発動です。

【重合エニグマ】の振る舞いは《本籍地(この場合は起点Bである10番)のエレメンツを材料として、【愛のエニグマ】を発動させる》というものです。

 

それでは、10番を使った【愛の傘】はどこに開いているでしょうか?

※フライは下の母音に引っ張られて読みが替わる【ボイーン(母音引)の原則】により、『フリー』と形を替え《ヨドノビクトリー》とつながります。

◉Aの答えは16番(ターキッシュパレス)か裏の3番コントレイルです。コントレイルが優勝しました。

 

アーサーはアザー(OTHER)なのだ!

◆起点Bは10番。クラウンルシフェル:ヨドノビクトリーの組み合わせです。ヨドノビクトリーに【カツ語群】のビクトリーがあります。

そのお仲間は16番のファストフォース(フォースは力 【カツ語群】です)とバーンフライの組み合わせ。さらにそのお仲間が8番にいます。

◉さて、スワーヴアーサーに注目すると《アーサー=アザー(OTHER》であり、『これは8番の代理柱を探せ』と読むことができます。さらにスワーヴは【フ=ユ=ム=ウ=ンの原則】により、《ワン》とも読めるので、《8番のエレメンツを一身に集めている馬を探せ》と考えることもできます。

8番のOTHERはどこに?

◉サトノインプレッサがラスボスになりました。

5番が指し示す最終解答はどこにあるでしょうか?

二つの候補が浮かび上がります。

◎形の上からはコントレイルに分がありそうですが、カタカナ(馬名部分)⇒カタカナという大前提があるので、むしろ10番サトノフラッグが有力と言えるのです。

 

◉Bの解答は10番サトノフラッグか9番アリストテレス。どちらも馬券になりました。

 

ヤスは右 タカは左

◆起点Xは5番。グッドジュエリーとタガノプレトリアの組み合わせ。【イー・マル語群】のグッドがあるので、【イー・マル語群】を探さねばなりません。

2番に【イー・マル語群】のマルカテノール:テーオーターゲットの組み合わせがあります。タガノプレトリアの要素がありません。

 

10番にはヨドノビクトリーがいて、グッドジュエリーとタガノプレトリアの要素をともに持っています。

独占しているので、いわばジャイアン。クラウンルシフェルはスネオ状態ということになります。

ジャイアンのヨドノビクトリーの仲間はお隣に居ませんが、スネオであるクラウンルシフェルの仲間が隣の9番にいます。ブルーメンクローネです。(クラウンはクローンと読み替えることができます。)

 

◎さて、9番の柱を見てみましょう。ブルーメンクローネが7番のダノングロワールとの間で8番をホールドしているように見えますが、ブルーメンクローネはトップのアリストテレスと同じルメール騎手なので、それ自体ホールドされており、ホールド機能を持っていません。またワープの要素も持っていません。

◉ここで、アリストテレス:アカネサスという二つの馬名に注目します。

◇どちらも《ア》で始まり、《ス》で終わる馬名です。つなげれば《アス=ヤス》です。

ヤスは安。右ヘ(内へ)という意味を持っています。(ちなみに《タカ=高》は前(左)に進む・という意味を持っています)

◇さらにブーメンクローネは『花+冠』であり、花もまた《右へ》の意味を持っています。

スライドが発生します。

上の通り、2頭分内側へスライドし、7番がラスボスとなります。7番が指し示しているのは10番です。

 

◉Xの答えは10番サトノフラッグか9番アリストテレス。どちらも馬券になりました。

 

※一方、⑤グッドジュエリー⇒③マルカテノール:テーオーターゲットとした場合、テーオーターゲットが1番ディアマンミノルと応答して2番をホールドします。2番がラスボスとなるわけですが、2番が指名する最終解答は④マンオブスピリット,⑦ダノングロワール,⑩サトノフラッグ,⑮ブラックホールとなり、収拾がつきません。

 

◆起点Yは14番。ファーストフォリオ:スパーダの組み合わせ。ファー:パーですから、《ハー》を探せということになります。⑭⇒⑯⇒⑧と渡り歩くことになります。

すると、結果はBと同じ展開になるので答えもBとおなじ。10番か9番が答えです。

 

◉まとめます。

◇Aの答えは16番ターキッシュパレスか3番コントレイル。コントレイルが優勝です。

◇Bの答えは10番サトノフラッグか9番アリストテレス。アリストテレスが2着でサトノフラッグ3着。

◇Xの答えはBと同じ

◇Yの答えもBと同じ

 

圧倒的人気のコントレイルが優勝して、2着 3着ともそれなりの人気馬だったので配当的には目立つほどではなかったのですが、暗号面は、なかなかスリリングで、かつ手こずらされる今回の菊花賞でした。

 

最後に菊花賞版11-2ボンバーの話を。

 

まず、6番のヴェルトライゼンテと裏6番である13番のロバートソンキーが馬名エレメンツを共有して、対面状態にあります。

◉ゼン=ゼウ=ズウ ソン=ソウ=スウ で、響きあっています。

◇さらにヴェルトライゼンテの《ライ》と2Rの13番ローゼライトが響きあって、菊花賞の13番と京都2Rの13番が特異な馬番であることが分かります。

◉でも、13番も、裏の6番も馬券には参加しません。《ライ=嘘》だからです。

そして、13番のロバートソンキーとローゼライトが馬券参加馬を教えてくれるという構図になっています。

■ローゼライトの騎手が戸崎圭太で、本番では⑩サトノフラッグに騎乗。

■ロバートソンキーは2Rの10番ケイセブンと響きあっています。ケイ=キーなのです。

さらに言えば、ソンキーのソンはソウ=スウ と変形可能で、ケイセブンのセブはセン=セウ=スウと変形可能だから、つながります。

◉11-2の13番は 本番の3着馬である10番(サトノフラッグ)を指名していました。

 

11-2ボンバーが教えてくれるヤバイこと

11-2ボンバーが教えてくれるヤバイこと

シリウスS スプリンターズS 神戸新聞杯 京都大賞典 秋華賞・・・

■さて、今回は11-2ボンバーの話をします。

◇メーンレースの重賞は、ほとんどの場合11Rに組まれているので、その裏レースは第2レースであると考え、相互の関係性を追求したところ、【大いに関係あり】という結論を得つつあります。

◇しかし、残念なことに、11-2ボンバーがえ教えてくれるのは、一組だけ。ではあるものの、『表か裏か』ではなく、どうも『馬券に参加する一頭』を教えてくれる仕掛けであるように思われます。これは大きい。表か・裏か ではなく、ピンポイントで馬券参加する馬を教えてくれるのならば、馬券の組み立て上、組み合わせが半分で済むからです。

 

◎直近の例で説明しましょう。

◉まずは10月3日に行われた《シリウスステークス》

7番と、それに対面する10番にエムオーグリッタ:ダイメイコリーダが配置されています。

ダイメイコリーダの10番には、メイショウサロベツがいます。

7番と10番をよく見てみましょう

7番か裏の10番が、ガチガチの関係にあるように見えます。

しかし、メイショウサロベツの最後の二文字《ベツ=別》は、『ここではないよ』と言っているようです。

さらにエムオーグリッタは

こちらも、否定のイア・イナに囲まれています。

では、この2柱が示唆している本当の答えの場所は?それは3番です。

 

※ちなみに3番の裏の⑭ナムラアラシには強調材料がなく、3番エイコーンが馬券になりました。

 

◉次は10月4日に施行されたスプリンターズS。

6番にライトオンキュー,裏11番にラブカンプーが対面状態です。

そして、ライトオンキューの下にはラインプリンスがいます。

しかし、6番も11番も馬券になることはありませんでした。《ライ=嘘》が強力に否定の発信をしているようです。

ではその周囲を見てみましょう。

よさそうですが、やはり《ライ=嘘》で固められています。一方その裏番は

※グランアレグリアが優勝馬になりました。ここもグランアレグリア 単独指名といっていいでしょう。

 

◉9月22日の神戸新聞杯は、直球でした。ロバートソンキーとディープキングが対面しています。(ンキ=フキ)

そして、2頭の周囲を見てみると

 

◉10月11日の京都大賞典では、5番ノーブルマーズと13番グローリーヴェイズが対面しています。

13番およびその周辺をよく見てみると、一頭置きのたすき掛けが発見できます。

★グローリーヴェイズが優勝しました。

 

◉最後に、秋華賞の場合。

5番と裏の14番にウインマイティー:オーマイダーリンの対面状態が見えます。

ところが、5番は7番との間で、6番をガチガチにホールドしています。

ダブルでホールドされた6番が馬券候補?いいえ、そうはならないのです。

裏の13番を見てみましょう。

★デアリングタクトが優勝しました。《裏が決め手》ということらしいです。

 

※11-2ボンバーが、本当に馬券参加馬を単独指名する仕掛けであるのかどうか?慎重な見極めが必要です。

皆さんも研究されてみてはいかがでしょうか?

第25回秋華賞・他 マン=ミン=ムン=メン=モンの怪

第25回秋華賞その他

マン=ミン=ムン=メン=モンの怪!

◉いきなり、こんなことを言い出すと、いよいよ頭がおかしくなったのかと思われるかもしれませんが、別に突飛なことを言っているわけではありません。

何度も強調している【フ=ユ=ム=ウ=ンの原則】と【ボイーン(母音引)の原則】を組み合わせて考えれば、当然に導き出される結果なのです。

◎まず、〔ン〕は〔ウ〕であると考えてください。

そうすると【ボイーン(母音引)の原則】により、マウ(マン)はムウ(ムー)となります。

◎結果、マン=ミン=ムン=メン=モンということになります。

■別にマ行だけの話ではありません。カ行でも、サ行でも、タ行でも、ナ行でも、同じことです。

 

※例えば第55回京都大賞典のYです。

起点Yは、1番。サンライズカラマ:タイミングナウの組み合わせですが、同じ組み合わせが17番にもあります。

 

◉モンドインテロの9番がホールドされてラスボスになりました。ヴィーナスフローラに【愛のエニグマ】発動のキーである《ロー》があります。これも、ラヴ⇒ラウ⇒ロウと、【ボイーン(母音引)の原則】による展開です。

◎さて、9番を起点とした【愛の傘】はどこに開いているでしょうか?

◎ここで、マン=ミン=ムン=メン=モンが威力を発揮します。

キセキが2着でした。

★モン=ミン。これが分からなければ、この問題は永久に解けません。

 

◉次は10月18日に行われた第25回秋華賞を見てみましょう。

第25回ですから、18頭立ての25番目にあたる7番が起点Aです。

◆起点Aは、ゴールドスミス:バーンスターの組み合わせ。お仲間はすぐ隣の6番にいますが、クロス状態ではありません。さらにお仲間を探します。1番です。

横山武史が17番のウインマリリンにも騎乗しているので18番をホールド。しかし、ストーミーバローズが3番のマルターズと響きあって2番をホールドしているので、ホールドは無効。スライドもワープもありません。1番がラスボスです。

※スズカロングの《ロン》もバローズの《ロー》も【愛のエニグマ】の発動キーです。

12番マジックキャッスルが2着でした。

※ここにもロン=リンがあります。

というわけです。一目見ただけで瞬時に見分けることができるようになれば、しめたものですが。

◉ついでと言ってはナンですが、同じ秋華賞の起点Xの話をしておきます。

◆起点Xは2番。デクレアラーとアイアムレジェンドの組み合わせですが、そのクロスのお仲間は9番にいます。

◎ここには、スライドの要素も、ホールドの要素もありません。それでは、裏の10番クラヴァシュドールにワープ?いいえ、そうはなりません。

サンクチュエールは聖域。犯すべからざる場所です。

ステイ,ロック、ココ、カデナなどと同じ、トップチャートに仕掛けられた【移動禁止の暗号】なのです。

◎それでは、9番が指し示す場所は?ウエーブヒーローに【愛のエニグマ】発動のキーである《ロー》があるので、9番の柱を材料とした【愛の傘】を探すことになります。

◉答えは、6番。裏の13番デアリングタクトが優勝しました。

解説が前後しますが、秋華賞の起点BとYにも触れておきます。

◆起点Bは12番。カフジバンガード:ライトウォーリアの組み合わせですが、バンガードに【カツ語群】の《ガー》があり、ウォリアー(戦士)も【カツ語群】です。
◎そのお仲間は(またしても)9番であり、《サンクチュエール》の呪いにより、どこにも行けません。

◉したがって、Bの答えはXと同じ、6番か13番ということになります。

 

◆起点Yは17番。ストーンリッジとストーミーバローズの組み合わせ。《ストー》を探せ・です。

※ほかの場所に《ストー》はありませんが、《トウ》《トフ》ならあります。

 

まず、8番のスマートフルーレ。そして8番をよく見てみると、《ルー》というエレメントが集まっていることが分かります。

※《ルー》をトップに持つ柱を探せ・です。

◎ルーと読める馬名は、

と4つもありますが、ここは10番クラヴァシュドールが指名されていると見ます。

何故ならば

という関係性が見えるからです。

そして、10番の柱はまたしても8番との間で9番をホールドしています。

 

◉もう一か所の《トウ》は12番ライトウォーリア。

そのライトウォーリアが10番クラヴァシュドールおよび12番オーマイダーリンと響きあっているので、ホールドは不成立。スライドもワープもなしです。12番がラスボスです。

が指し示す最終解答を探すわけですが、カフジバンガードに含まれる《バン=伴》を見落としてはいけません。

この暗号は、『隣接サイン』ともいうべきもので、【正解の隣には(トップに)暗号を発動した馬のエレメンツがなければならない】というメッセージを発しているのです。

それでは、とりあえず12番が示しているように見える場所を特定しましょう。

『トップ⇒トップ』を基本に考えると

が浮上しますが、その左右どちらにも《カフジバンガード》のエレメンツを持った馬が存在しません。

 

次に10番です。

ここにも《カフジバンガード》のエレメンツは隣接していません。

次に15番です。

やはり、【隣接ワード】はありません。

 

最後に11番。

そして、その隣には《カフジバンガード》に対応する《マジックキャッスル》が存在しています。

◉11番フィオリキアリの裏 8番ソフトフルートが3着に入線しました。

 

圧倒的な1番人気のデアリングタクトが優勝したにもかかわらず、3連複,3連単とも万馬券になった、秋華賞でした。

第54回スプリンターズS 暗号ルリアン

第54回スプリンターズS

《ルリアン》という暗号

◎第54回です。16頭立ての54番は6番、裏の11番が起点Bになります。

秋のGIシーズン開幕を告げるスプリント王決定戦”23文字です。16頭立ての23番は7番なので、起点Xは7番,裏の10番が起点Yです。

◆起点Aは6番。ルリアン:ツウカイウイングの組み合わせですが、ツウカイウイングに【カツ語群】のウインがあります。

○お仲間は、【カツ語群】を持っていなければなりません。4番の《ウインカーネリアン》がそれですが、相方の《ルリアン》のエレメンツである《リアン》も含んでいます。強者のジャイアンです。

○強者のジャイアンであるウインカーネリアン⇒ハローユニコーン⇒ルリアンとスキップします。

リアンはラン=ラウ=ローと変形可能であるからです。

ところが、ライトオンキューは裏のラブカンプーと響きあうので、11番にワープです。

◎ワープした11番にローレルジャックがあり、【アル・エニグマ】の発動です。

 

まず一次回答を探しましょう。

○これでしょう。そして、その隣り、または裏にあるローレルジャック(のエレメンツ)とは、1番のダイメイプリンセスです。(プリン⇒リウ=ルウ=ロウ)

◆Aの答えは、1番または大外の16番。16番アウィルアウェイが3着に入線しました。

 

◆起点Bは11番。ホウオウエミーズ:ローレルジャックの組み合わせ。ホウオウのホウ(ホン)は【イー・マル語群】です。

《良い=グッド》を意味する《ブオン》が《ホン=ホウ》と変形します。

お仲間はサンマルペンダント:ウインカーネリアンの組み合わせ。《マル》が【イー・マル語群】であり、ローレルのローはリアン=ラン=ラウ=ロウなので、つながります。

◎スライドも、ホールドも、ワープの要件もないので、ここがラスボスです。

《ウインカーネリアン》に【愛のエニグマ】の発動キーである《アン》があります。

◎【愛の傘】はどこに開いているでしょうか?

◉Bの答えは1番ダンシングプリンスか16番アウィルアウェイ。Aと同じ結果です。

 

◆起点Xは7番。グレイテスト:メリーメーキングの組み合わせですが、グレイテスト(最も偉大)は立派な【カツ語群】です。

その隣り6番に《ツウカイウイング》があり、強者のジャイアンです。よく見るとツウカイの《カイ=キー》はテーオーターゲットの《ゲッ=ゲイ=キー》と響きあっているので、5番にスキップします。

○5番を見てみますと、ヨウ オン オーと同じエレメンツが重なっています。これは『ヨウ,オン,オー』を持つ場所を探せ・という指令です。

それをトップに持っているのは、6番のライト《オン》キューしかありません。

ここに《ルリアン=絆》という暗号があります。一方《アン》は【愛のエニグマ】発動のキーの一つでもあります。

まずは、6番のエレメンツを使って【愛の傘】を探します。

◎しかし、Xの答えは15番ではありません。《ルリアン=絆》が次の場所を探すよう、要求しているのです。

◉7番ミスターメロディが最終の答えです。裏の10番グランアレグリアが人気に応え圧勝しました。

 

◆起点Yは10番。ギャツビー:シスルの組み合わせです。

お仲間はいません。しかし、ギャツビーはガービーと読み替えることが可能なので、【カツ語群】の馬名です。それならば、どちらも【カツ語群】である4番ウインカーネリアン:アーバンイエーガーを仮のお仲間としておきます。さらにそのお仲間が6番です。

またも《ルリアン=絆》です。この《絆》は仲間の柱を求めています。

そして8番が、その親戚の柱です。

○ここにはスライドの要素はありません。ホールドはアプソルティスモ(Cルメール)が10番のグランアレグリア(Cルメール)と,トウカイパシオンが6番のライトオンキューと響きあっているので、お互いにホールドの可能性を打ち消しています。

※そして、8番の裏9番にはダイアトニックがいます。ワープです。

それでは、⑧ダイメイフジの裏 ⑨ダイアトニックを見てみましょう。

が指し示す最終解答はどこでしょうか?ワープしてスーパーボスになったので、《アヴァンテイスト》に《アン》があったとしても、【愛のエニグマ】は発動しません。

◎しかしアヴァンテイストに隣接の暗号《ヴァン=バン=伴》があるので、答えの隣には、《アヴァンテイスト》のエレメンツがなければなりません。また、トニックには【アル・エニグマ】のキーである《ツク》があるので、一次回答の隣にダイアトニックのエレメンツがあり、しかも左右どちらかにアヴァンテイストのエレメンツが隣接している場所を探せということになります。

 

◉一次回答をまず探しましょう。

そしてその隣の7番には、ダイアに応答するミスターメロディがあります。しかし、左右どちらにも《アヴァンティスト》のエレメンツが隣接していません。

そしてダイアトニックのエレメンツを持った《クリノガウディー》が隣の13番に有り、しかも《アヴァンティスト》のエレメンツを持ったエーティーンガールが隣接しています。

クリノガウディー よさそうです。

※しかも、ダイアトニックのエレメンツを持つエイティーンガールが隣に有り【アル・エニグマ】,それだけではなく、隣接暗号である《アヴァンテイスト》がエイティーンガールの両隣にあります。

◉Yの答えは14番エイティーンガールか3番ダノンスマッシュ。ダノンスマッシュが馬券になりました。

 

まとめます。

◇Aの答えは1番か大外16番。16番アウィルアウェイが3着。

◇Bの答えはAと同じ

◇Xの答えは7番か10番。10番のグランアレグリアが実力を見せつけて優勝しました。

◇Yの答えは14番か3番。3番ダノンスマッシュが2着に入線しました。

 

※1番人気が1着,3番人気が2着という順当な結果ながら、3着に10番人気のアウィルアウェイが入線したことにより、3連複,3連単とも万馬券という結果でした。