記事一覧

第55回北九州記念 イルーシヴな暗号構成

第55回北九州記念

イルーシヴな暗号構成

◉第55回です。18頭立ての55番目は1番なので、1番が起点A,裏の18番が起点Bとなります。

過去10年で3連単100万馬券が2度出ている短距離重賞”27文字なので、27番に当たる9番が起点X,裏の10番が起点Yとなります。

 

◆起点Aは1番。オンザロックス:リノの組み合わせです。その同じ組み合わせが17番にあります。起点は移動しますが、お仲間は見当たりません。ここはスライドして15番に行きます。

上のように2頭分右へスライドして15番に到達しました。

イルーシヴは《わかりにくい》という意味ですから、すんなりと答えは出ないと考えていいでしょう。

それでは、とりあえず15番が指し示す場所を探してみます。

 

メイショウキョウジ(藤岡健一)が15番の柱のエレメンツを全て引き受けています。

もうひとつは

これは15番の双子のような柱です。

どちらとも決めかねるので、間にサンドされた12番から答えを探します。グアンに【愛のエニグマ】発動のキーである《アン》があるので、それにも注意を払います。

【ボイーン(母音引)の原則】により、マイ:メイ:ミーは同じものということができます。

 

◉12番が指し示す最終解答は9番で、裏の10番モズスーパーフレアが2着でした。

それにしても、イルーシヴな暗号構成・ちょいとやりすぎではありませんか?と私は思うのですが。

 

◆起点Bは18番。マリオ:アメリカンウェイクの組み合わせです。同じ組み合わせは2番にありますが、親戚のような柱が隣の3番です。

3番が指し示す最終解答は、11番でしょう。

◉Bの最終解答は11番アウイルアウェイか8番ラブカンプーです。アウイルアウェイが3着に入線しました。

 

◆起点Xは9番。レンブランサ:ノブフランクリンの組み合わせですが、《フラン》が重なっていますね。

お仲間は6番。5番がホールドされてラスボスとなります。ブルーメンクローネに【愛のエニグマ】発動のきーとなる《ロー》があります。

◉【愛の傘】は15番を中心に開いています。15番の裏である4番レッドアンシェルが優勝しました。

 

◆起点Yは10番。スマートセラヴィー:シルバースミスの組み合わせです。セラヴィーに【カツ語群】の《ヴィ》があります。

お仲間はすぐ隣の11番で、オーパスメーカーがエレメンツ独占状態のジャイアンです。友達はグアン⇒アイアムレジェンドと滑り、13番がラスボスとなります。アイアムレジェンドに【愛のエニグマ】発動のキーであるアイ・アムがあります。

13番を材料にした【愛の傘】は10番を中心にして開いています。

◉Yの答えは10番モズスーパーフレアか9番ダイメイプリンセスです。モズスーパーフレアが2着でした。

 

3連複4-10-11は16,570円

3連単4⇒10⇒11は93,990円 という結果となりました。

 

最後に何度か説明している2Rとの関係について。私はこれに【2-11ボンバー】と命名しました。

まずは、札幌記念の場合

札幌記念の2番と裏の11番はペルシアンナイトとアドマイヤジャスタで、『シア:ジャ』と響きあっています。そして2Rの11番にはサンデスバレー。ペルシアンサンはタスキ状に繋がっています。ペルシアンナイトまたはアドマイヤジャスタが馬券になるのは決められていたと考えていいでしょう。

 

そして次は北九州記念の場合

4番と裏の15番にはレッドアンシェル:アンヴァルとアンつながりがあり、しかも2Rの15番(2番)もまたアンジュマリッシュです。

ここもまた、レッドアンシェルかアンヴァルが馬券になるのはあらかじめ決められていたと考えていいでしょう。

ただし、私がひそかに期待していた『どちらか一頭をピンポイントで教えてくれる』機能は存在しないようです。ここもまた、【表か裏か】であって、JRAはそこまで親切ではないというべきかもしれません。